Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

対戦モード

20060604142734
 サッカーW杯の開幕まであと5日。興奮と睡眠不足のハードな一ヵ月が始まります。先週、中田英寿が「あまり早くから気合い入れても・・・初戦に向けての調整が大事だから・・・」とインタビューで応えておりましたが、これは選手の話。選手でも評論家でもないただのサッカー小僧の私は、もうとっくに対戦モードに入っており、既に疲れ?も出始めております。
 子どもたちの会話を聴いていると、『対戦』という言葉がよく使われているのに気付きます。大昔、私が子どもの頃には、こんなに日常的に使う言葉ではなかったような気がします。『対戦』という言葉の大衆化の背景として、テレビゲームの発達・普及と、メディアスポーツの拡大があげられます。近年日本で急速に拡大したメディアスポーツの代表がサッカーW杯です。
 日本とW杯の関わりは古いのですが、1998年の本大会初出場、2002年の自国開催とこの十年で急激にその距離が縮まり、メディアスポーツとしての地位を確立したといえます。テレビゲームが、日本発で世界に普及したのは周知の通りです。競争原理を前提にしておきながら、表向き競うことは悪い事という学校教育を受けた親世代。その子どもたちにとって『対戦』は日常です。
 日本の子どもたちの遊ぶ環境は、国際的にもあまり例の無い速さで急激に変化しました。人類は太古の昔から様々な『対戦』を経験し、それらは形を変え現在も続いています。子どもたちにはぜひ学んで欲しいと思います。因みにLordで学べる『対戦』といえば、チェス・ビリヤード・トランプ・バックギャモン・立体4目並べ・オセロ・・・etc.
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。