Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

秋の気配

20060921185132
 気温が下がっているとはいえ、紅葉にはまだちょっと早い軽井沢は、夏のような喧騒も無く、ゆったりお散歩するには最高の時期です。晴れると陽射しが強く眩しいのですが、お天気が崩れると霧が出て、まるで別世界になります。天候の変化が激しいので、服装や持ち物の準備は結構面倒臭いのですが、コンパクトに全部持っていれば安心です。
 学生の皆さんはそろそろ、学園祭や体育祭などの準備で忙しくなる時期でしょう。体育会育ちなので、体育祭の思い出は何かと面倒臭かったという事くらいですが、文化祭・学園祭となると結構楽しんでいました。学祭の時期は学校へ顔を出さず、旅行を楽しむ友人などもいましたが、部活をやっているとそういう訳にもいかず、半ば強制的に参加させられていました。
 どうせ参加するなら目一杯楽しもうと、毎回完全燃焼していました。失うものはガールフレンドと単位ぐらいで、恐いもの知らずの学生時代のパワーとアイデアは、今から考えても凄まじいものでした。それだけ学生の楽しみや遊びも、まだ貧困な時代でした。『宴のあと』、学祭の終った翌日の学校の構内は、妙にサッパリしてアカデミックに感じたものでした。
 軽井沢の夏の賑わいと学祭を一緒にする訳ではありませんが、この時期の軽井沢には学祭翌日の構内に似た、ちょっとけだるいけど落ち着いた自然と文化の薫りがします。大学3年の学祭の翌日、図書館前のベンチで「大学って研究する場所なんだな」と当たり前の事を実感ました。そしてこの時期の軽井沢は「ここは自然の中なんだな」と、これまた当たり前の事を実感させてくれます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。