Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ekelundのクリスマス

20061014134623
 Ekelundこの冬の新作です。黒いクリスマスツリーは、ちょっと珍しいかと思います。同じデザインで鮮やかな赤もあります。Ekelundの最新秋・冬・クリスマスカタログでは、三種類のクリスマスツリー柄が人気です。現在、三種類ともLordの壁を飾っています。その内最も渋く大人の雰囲気を醸し出しているのが、この黒いツリーです。
 写真は壁に掛かっているものを撮ったので、全体の雰囲気しか分からなくて残念です。素材はリネン45%、コットン55%です。黒には深みがあり、ツリーは浮かび上がるようなイメージです。クリスマスツリーは、樅の木に本格的な飾り付けをなさる方から、玩具のツリーを部屋の片隅に置かれる方まで様々かと思います。
 特定の信仰をもちませんので、クリスマスに特別な思い入れはありません。小さい頃は、クリスマスの夜は世界中が特別な夜で、サンタさんは総ての子供にプレゼントをくださるものと思ってました。キリスト教系の幼稚園に通っていたので、特にそうだったのかもしれません。大きくなって様々な場所で過ごすようになり、クリスマスのクの字も無い地域の方が多い事を知りました。
 クリスマスに特別な思い入れは無くても、夜景とケーキが大好きな私は、12月のこの時期か結構好きです。街はイルミネーションが輝きを増しますし、ケーキ屋さんはクリスマスの新作を繰り出します。自宅の窓からは、目の前の大通りのライトアップされた大きなツリーが見えますので、室内にツリーは不要です。
 家の中は、Ekelundのシンプルで暖かいクリスマス用のテーブルクロスやランチョンマット・ハンドタオルでさり気なく飾ります。壁にはツリーやクリスマス風景のタオルを、タペストリーのように掛けます。さすが北欧のお品物、本人はさり気なくのつもりが、これだけで部屋中がクリスマスの雰囲気で満たされてしまいます。
 Lordの店頭や店内も特にクリスマスの飾り付けはしませんが、Ekelundのクリスマス商品があるだけで、店内は落ち着いた大人のクリスマスのイメージになります。「えっ!?もうクリスマス?」とお感じの方も多いでしょうが、今年のクリスマスを演出するテーブルクロスやハンドタオル類のスウェーデン出荷はもう始まっています。Lordでも11月下旬のお受け取りを希望されるお客様のご注文締切は、例年11月5日です。数多のデザインからお気に入りの一枚をゆっくり選べる期間は、思いの外短いです。
 今年から遠方の方の為にカタログ一式のお貸し出しや、サンプル商品を持参しての外商サービスも行なっております。お気軽にお申し付け 下さい。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。