Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

優雅に・・・

20061105191948
 お天気に恵まれた三連休最後の日曜日の午後は、陽射しが柔らかく風もなく、のどか過ぎて思わず眠ってしまいそうです。お客様との会話もスローテンポで、ほのぼのと進みます。元来無口で口下手なので、今日位のテンポならお客様との会話にも付いて行けます。Lordではご挨拶以外、基本的にこちらから声をおかけすることはありません。
 常に優雅に受け応え出来るよう心掛けておりますが、お客様からは「体育会系の応対」とご指摘いただいております。この優雅にというのは、とても難しいです。優雅な応対は開店当初、スタッフの立ち話で決まった事です。誠実・明瞭や明るく礼儀正しくなどは当然のことで、当然のことを踏まえた上で優雅に応対しようという趣旨です。
 優雅は広辞苑でみると「やさしくみやびやかなこと。上品で美しいこと。」だそうです。みやびやかを引くと「上品で優美なさま。都風に洗練されたさま。」とのこと。体育会系は広辞苑にありませんが、優雅とほぼ対極の評価であることに間違いなさそうです。あっ!「こんにちは」とお客様が優雅に入って来られました。
 優雅なお客様に体育会系の応対をさせていただいて、一件落着。『優雅』に拘る必要もないのですが、優しい・上品・美しい・洗練等という語意が一堂に会する言葉ですから、放って置けません。京の都にしばらく留学するという手もありますが、優雅が装えるものではないということは、優雅な人を拝見していると分かります。
 その辺は『粋』と同じかもしれません。そういえば粋には野暮という反対語が有りますが、優雅の反対語って何だろう?ご存じの方教えて下さい。まさか体育会系ではありませんよね。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。