Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真冬のコンサート

20061128193210
 このところ昼夜を問わず終日ドタバタしていて、日記を書くのが深夜になってしまいます。日記の日付が飛んだりダブったりしていますが、一応毎日その日の夜に書いています。今日や明日という表現が分かりにくいかと思います。午前0時を回っても、勤務日基準で今日と書いておりますので、申し訳ございませんがご理解下さい。
 営業期間中は朝または午後の掃除をしながら日記を書くというのが、毎日の日課でした。片手で携帯に打ち込みながらの掃除にも、すっかり慣れました。右脳と左脳、右手と左手がバラバラな事をしている訳で、文章に影響が出ているかもしれません。早朝からお客様が多く店内の掃除が変則的になる八月は日記が滞り、お客様から励まされたりしていました。
 軽井沢は11月25日から来年の1月28日まで、ウインターフェスティバルだそうです。期間中は様々なイベントもあるそうなので、興味のある方は観光協会のホームページ等を御覧下さい。大賀ホールのインフォメーションを見ていて、12月16日に東フィル、来年1月2日にカウント・ベイシー・オーケストラと贅沢なコンサートがあるのに気付きました。どちらも好きなオーケストラですが、座席数660席のホールで聴ける機会はそうそうありません。
 以前このホールで東フィルを聴いた時、演目はベートーベンの5番でしたが、演奏者の譜面も読める位置で聴き、あまりの贅沢さにとても感動しました。今回は同じくベートーベンの7番だそうです。指揮は大賀典雄氏です。スゥイングジャズの醍醐味は奏者と客席の一体感ですから、こちらも新年早々楽しい演奏が聴けると思います。東京では毎夜様々な演奏会が開かれ選択肢は豊富ですが、大賀ホールのような贅沢なホールはそうありませんので、機会がありましたらぜひどうぞ。
 音楽でもスポーツでも、ホールやスタジアムで接する生が一番だと考えてます。大賀ホールの存在は地元の皆さんと同様に嬉しいのですが、悲しいことに勤務の都合でいつも開演時間に間に合いません。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

箱詰め

20061128015804
 不器用で自慢できるような特技は、思い付きません。よく何か一つ位あるだろうと言われ、ようやく辿り着いたのが、スーツケースへの荷物詰めです。もともと他人がどう詰めているのかを知らなかったので、特技などと意識するはずもありません。
 旅の機会が多かった事と、荷物を沢山持ちたくない不精な性格ゆえ、自然に身に付いた技といえます。よく旅のマニァル本にある詰め方のコツや他人の詰め方には興味がなく、ほとんど見ません。ではなぜ特技であると気付いたかというと、スーツケースから出てくる荷物の量と海外の税関職員の言葉からです。
 この特技が唯一軽井沢店で生きるのが、今やっている撤収作業の発送用段ボール詰めです。Lordの商品はサイズも形もバラバラで、その多くが壊れ物です。壊れない様に保護した上で無造作に詰めていくと、段ボール箱の数はどんどん増える一方です。
 店内の商品・書類等は総て東京へ送りますが、商品や書類の数に対し箱の数の少なさに、同業者の皆さんは驚かれます。商品が違うので単純な比較は不可能ですが、今日来られた雑貨屋さんは、Lordの半分の商品数で約2倍の箱数になると嘆いておられました。
 この特技がLordで生かされるのは、一年に一度この時期だけです。この何日間かだけは、皆に重宝がられます。もっとも顔馴染みの運送屋のお兄さんには、Lordの撤収荷物には遊びがないと、あまり歓迎されていないようです。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。