Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オーダー革鞄

 200612251434.jpg


 この時期、楽器のケースを持った方と街で擦れ違ったり、楽器ケースを持ったお客様のご来店が多い事に改めて気付きます。プロ奏者からアマチュアの方まで、生演奏の機会の多い時期だからでしょう。素敵な音色を奏でる大切な楽器の持ち運びは、どこも混雑の激しいこの歳末とても神経を遣われる事と思います。
 楽器に限らずかさ張る高価なものや壊れやすいものを運ぶときは、ケースや鞄に拘ってしまいます。その品物専用に作られたハードケースは安心感はありますが、概して大きく重いようです。比較的コンパクトに軽く持ち運べるソフトケースや袋類は、本体の保護という観点からは不安です。近年は素材の開発も進み、軽くて頑丈なケースも出てきましたが、質感やデザインがいま一つです。
 昨夜、風呂敷に三味線を包み持ち歩いている方を拝見しましたが、とても粋でした。風呂敷や不定形な鞄を見掛ける度に、中には何が入っているのだろうと想像してしまいます。それがオーダーされた何かの専用革ケース風である時は、形からの想像だけでは我慢しきれず、ほとんどの場合持ち主に質問してしまいます。その中身の多くはあまり一般的ではない楽器・道具類です。
 体の一部分と同様に大切で思い入れのある道具類の為に、専用の革鞄をオーダーするというのは贅沢でありとても羨ましいことです。そういった鞄が一生のうち1個でも作れたらいいなと思います。素材を選び職人さんを選び細部まで注文をつけて出来上がるオーダー革鞄は、自分にとって究極の鞄です。ただそれも、その鞄に入れる大切なものがあることが何よりの前提です。 
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。