Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

商戦

P1000238.jpg


 ☆明日1月24日はお休みさせていただきます。

 例年、福袋などの正月商戦が終わると、街にはハートやチョコレートが溢れバレンタイン商戦の始まりです。昔と比べると「もういいでしょう」と考える人達が増えたせいか、クリスマス・福袋・バレンタインデ-といっても街全体がそれ一色ということはなくなりました。特に昨年末から表参道を界隈を歩いていて、年々その傾向が進んでいると感じました。
 相変わらず派手なクリスマスツリーとクリスマスミュージックでクリスマスムードを盛上げ、店員さんがサンタの衣装で叫んでいるお店もあります。一方派手なツリーや装飾は一切無く、いつもよりちょっとロマンチックな空間を演出しているお店もかなり多くなりました。私が好きで普段からよく立ち寄るお店のほとんどは後者で、これは単なる偶然ではないだろうと思います。
 もちろん特にそういうお店を選んでいる訳でもなければ、如何なる宗教的背景もありません。この傾向は正月商戦・バレンタイン商戦にも当てはまっているようで、昨年来、近隣の店のオーナーや仕掛け人の皆さんからも「もういいでしょう」という言葉をよく聞きます。もういいのかどうかは分かりませんが、落ち着いて上品な街並みになるのであれば喜ばしいことです。
 お店や街にはそれぞれ個性があって、選べるのが楽しいです。当然私とは逆の選択もあります。物質の量に対する選択肢の無さを嘆く向きもありますが、私の知る限りこの界隈だけでも相当な選択肢があります。商戦とは無縁なそういったお店や物との出会いは無上の喜びであり、この出会いにメディアは無力です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

貴重な体験

photokamenn3.jpg


 現在Lordの店内には、何着かのドレスやマントがあります。これらは単なるディスプレイではなく、柴田景子さんの仮面と一緒に身に着けていただくために用意されております。パーティやオペラにもビジネススーツなどで出掛けてしまいがちなこの国では、ドレスを着て仮面を着けた経験をお持ちの方も少ないかと思います。ご希望の方はお気軽にお申し付け下さい。
 不器用なせいかけじめが無いのか、on-time/off-timeや日常/非日常の切り替えというのが出来ません。私にとっては総ての時間がon-timeであり日常です。人生にonとoffや日常と非日常があれば、もっとメリハリのある日々が送れるのかもしれませんが、そもそもその境界自体がよく掴めません。仮に境界を掴めたとしても、一つの頭と身体でそれを使い分ける器用さは無さそうです。
 モードという一見とても自由に見えて、実は規制の中で雁字搦めにされた世界で、身に着けるものを選ぶという行為は消費行動です。自由に選ぶこと自体がその段階で大きな規制を受けている上に、自らその選択肢を限りなく狭めてしまいがちです。そこにさらにon/offや日常/非日常の概念を持ち込むと、私にとってのモードはほとんど制服の世界となってしまいます。
 衣服と身体の関係がそうであるようにように、装身具としての仮面は、人間の唯一ともいえる他人との判別点である顔を覆う事によって、逆に晒していると言えるのではないでしょうか。ドレス・マントや仮面を着けて非日常的な時間と空間を楽しむのもよし、日常にメリハリを付けてみるのもよし、貴重な体験の機会をご提供下さった柴田景子さんに感謝致しております。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『Masks』始まる!

photo.jpg


 本日から『Masks 異次元空間へのお誘い』が始まりました。ギャラリー内の雰囲気は昨日までとはガラリと変わり、神宮前の丘に幻想的な空間が現れました。初日から多くの皆様にご来場いただき有難うございました。京都・愛知・静岡など遠方からわざわざご来場下さった方々もおられ、心から感謝致しております。
 仮面に対する興味は尽きず、この日記にもしばしば仮面に関する話題が登場しています。映画・舞台・写真などでご覧になることはあっても、実際に仮面を間近でご覧になった事のある方は少ないかと思います。さらに仮面を着けたことのある方はもっと少ないかと思います。この機会にぜひご覧いただき、着けていただければと思います。貴重な体験となることは間違いありません。
 仮面とドレス・マント(店内に展示)を着けて写真もお撮りいただけます。ドレスやマントを着て仮面を着けると、不思議な気持ちになります。仮面の不思議な力を実感していただきたいと思います。仮面の魔力は見ているだけでなく、実際に着けた瞬間に感じます。また仮面を作るワークショップが2月4日にございますので、ぜひマイマスクを作ってみて下さい。
 そしていよいよ2月11日(日)には、仮面を着けて皆で表参道をねり歩く『仮面ウオーキング』が開催されます。こちらは毎回楽しみにしておられる方も多いようで、日本では珍しいパレードです。皆さん一度参加すると病み付きになるとおっしゃいますが、その訳はぜひご自身でお確かめ下さい。たくさんの仮面の中で行われる1月28日(日)の、『Ruby Dance ~観客参加型パフォーマンス~』も楽しみです。いったい何が起こるのでしょうか?・・・。いずれも詳細はLordのHPをご覧下さい。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本日は22時迄営業

200701181327.jpg


 本日はLINDAさんのネイルアートが開催されており、夜10時までの営業です。どうぞ会社帰りにお立ち寄り下さい。ネイルアートの日は素敵な女性の皆様が大挙ご来店下さいますので、店内はとても華やかです。Lordは日によってお客様は男性だけということも結構ありますので、そういった日と店内の雰囲気はがらりと変ります。ネイルアートは1月31日にも開催いたしますので、ご希望の方はHPをご覧下さい。
 明日19日はお買い物いただけませんが、営業は致しておりますのでお問い合わせ等はお気軽にどうぞ。明後日20日からはいよいよ『Masks 異次元空間へのお誘い』が始まります。Lord内には様々な仮面が並びます。仮面が好きな方、仮面を着けてみたい方、まだ仮面を見たことの無い方、皆様ぜひこの機会に仮面の不思議な世界をご体験下さい。2月11日には、仮面を着けて表参道を練歩く仮面ウオークもございます。奮ってご参加下さい。『Masks 異次元空間へのお誘い』の詳細はHPでご確認下さい。
 
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

冷たい雨

200701171318.jpg


 「冷たい雨なんだから雪になればいいのに。そのまま落ちてくればいいんだよ!」と、信号待ちの女子高生達が話しているのが聞こえてきました。そういえば東京ではこの冬、まだ雪を見ていません。「そうだそうだ!」と盛り上がる彼女達の会話に、ふと遥か昔高校時代に学んだ『氷晶説』というのを思い出しました。
 雲粒から雨滴への成長過程を説明する降水理論のうち、冷たい雨が発生する原因を説明する有力説と教わりましたが、現在この説の立場がどうなっているのかは知りません。説の前段部分はすっかり忘れており、雲底を離れて落下する氷晶がとけずに落ちたら雪、途中とけたら冷たい雨という結論部分だけは覚えています。
 女子高生がそのまま落ちて来いと言っているということは、今もそう教わっているのかもしれません。当時教室で「この氷晶説により冷たい雨の人工降雨を降らせる方法のひとつに、飛行機からドライアイスをまくというのがあります」と真顔で語る理科教師の説明に、飛行機からドライアイスをばら撒く様子を想像し、何故か笑いが止まらなくなった記憶があります。
 冷たい雨があれば暖かい雨もあるわけでスコールがそれにあたるそうで、「暖かい雨の人工降雨の場合、雲の中に雲粒より大きな水粒を飛行機から噴霧します」と理科教師は言っていました。飛行機の窓から雲粒のサイズは視認出来ませんが、そんな簡単な事で自然がコントロール出来るものなのかと高校生の私は半信半疑のまま暗記し、今日に至っています。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スツール

200701161444.jpg


 Lordでは店内の所々にスツールが置いてあります。これはもちろんお客様にお掛けいただいたり、お荷物を置いていただくためのものです。店内の椅子とテーブルはすべて、ゆっくり寛いで商品をご覧いただけるよう置いてございますので、どうぞ遠慮なくお使い下さい。
 実は普段このスツールが置かれている場所は、お客様が座って商品をご覧になることの多い場所です。トランプ・タロットの前、チェスや木の玩具の前、Ekelundのハンドタオルの前、アクセサリーやペン類の前etc.表参道では狭いスペースに20脚以上のスツールがあり、混雑時もお客様の多くが座った状態でお品物をご覧になっています。外から見るとちょっと不思議なお店かもしれません。
 スツールを持って店内を移動されるお客様も多く、気になる商品の前で座ってはじっくりご覧になるということの繰り返しです。見るのに疲れたらテーブルの前で珈琲や紅茶を楽しみ、休憩後また気になる商品の前に移動されます。さらに慣れた方になると、途中に屋上での夜景観賞タイムが入ります。
 毎年多くのお客様から、軽井沢店も同じように座って商品を見れるようにとのご要望をいただきます。天井の高さや店舗の構造から表参道と同じ形態にするのはなかなか難しいのですが、今年は少しでもお座りいただきやすくしようという事で、現在検討中です。どうぞお楽しみに。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

帽子掛け

200701151404.jpg


 古いアメリカ映画を観ていて、どのカットにも何らかの形で帽子が出て来るのに気付きました。一旦気付いてしまうとそこからは、ストーリーよりも帽子だけを追い駆けてしまいます。衣装部門でオスカーを受賞した作品だけあり、次から次に登場する帽子はどれも素敵でとても印象に残りました。
 時代背景がそうさせたのか、監督の意図なのかは定かではありません。ニューヨークのビジネスマンがランチに集まる地下のレストランのシーンでは、テーブルごとに傍らにコート掛けが置かれ、真夏なのでどのコート掛けにも帽子だけが重ねていくつも引っ掛けられています。
 レストランが見渡せるカットになると、フロアのコート掛けが花を付けた植物のように見えおもしろおかしくもありました。主役の男女はシーンごとに衣装と帽子を替え、楽しませてくれます。何回か観た映画ですが、そのせいもあってか今回は帽子ばかり気になってしまいました。
 Lordにも絶えずいくつかの帽子があります。季節や時期によりその種類も様々ですが、現在は写真のアイルランド製のウールハットが人気のようです。お洒落で気軽に被れて暖かい、実用性の高い帽子です。近年は若い男性にも興味をもたれる方が多いようで、少し嬉しくもあります。この国の気軽に立ち寄れるカフェにも、もっと帽子掛けがあってもよいかと思います。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

富士山

200701121451.jpg


 Lordの屋上と自宅の窓から富士山を望むことが出来ます。天気が好く空気の澄んだ冬の朝などは、とてもくっきりと鮮明に見えます。鮮やかな夕焼けを背景に浮かび上がるシルエットは美しく、ついつい時の経つのも忘れしばし眺めてしまいます。万葉の古から日本人の感性を擽り続けた雄姿は今も変る事無く、日本の美を象徴するもののひとつであると思います。
 低地からそびえ火山体そのものが高いせいか、遠くから見ても近くで見てもその美しさや雄大さは見事なものです。都内から中央高速をかっ飛ばせば一時間弱で河口湖辺りまで行けますので、疲れた時の気分転換などには最適です。私の場合富士山周辺の凛とした空気に触れると、何か神聖なものに近付いたような不思議な感覚にとらわれます。
 この不思議な感覚は信仰の無い私に、富士山が古来から信仰の対象とされてきた事を意識させてくれます。登拝は平安中期から行われていたそうですから、当時の人々も富士山の空気に同じようなものを感じていたのかもしれないと思うだけでちょっとしたロマンに浸れます。もっともその頃は火山活動が活発で、空気も溶岩臭かっただろうと思いますが。
 Lordの屋上から眺める夕焼けはとても幻想的です。夜景の彼方に広がる紅の空とそこに浮かぶ富士山のシルエットは、都会の昼と夜を分かつイリュージョンです。繁忙で埃っぽい午後の時間に別れを告げ、間もなく訪れる光溢れるロマンチックな時を迎える前のほんのひと時、毎日何人もの老若男女がここで同じ方角を向いて静かに過ごします。
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

都市

200701101415.jpg


 先ずはお詫びと訂正をさせていただきます。1月7日の日記『1月の予定』の中で、明日1月14日(日曜日)はお買い物が出来ない日と告知致しておりますが、これは誤りで通常通りお買い物をしていただけます。ここに訂正させていただきますとともに、謹んでお詫び申し上げます。明日1月14日も販売業務は致しております。皆様のご来店を心からお待ち申し上げております。

 年末年始の通りを彩っていた様々な飾り付けが取り払われ、街はほぼすっぴんの状態に戻りました。木々の枝から葉が落ちたこの時期は、通りを歩いていてそれぞれの建物が一年中で一番よく見えます。建物だけでなく、街中の見晴らしがよくなります。
 歩いていてビルの高さや造りに気付いたり、通りを挟んだ対面のビルの二階以上のウインドーに新しいものを発見したりすることが多いのはこの時期です。また高い所から見ていて、自然と人や車の流れに目がいくのもこの時期かもしれません。
 単に私固有の現象でしょうが、毎年1月から3月にかけては都市について考えている時間が長いようです。都市の機能や建物・交通・人etc.昨年も一昨年もこの時期に都市に関する書物を探し、都市の事を書いています。見晴らしがよくなる事が直接の理由ではないでしょうが、先程街を歩きながらふとその事実に気付きました。
 都市で生活していると、何もかもが便利で楽しい事が多い為に予定がびっしりで、無意識に機能的な動きや視線を優先しています。自分の好きな街を都市という視点から眺め、数多くの再発見を繰り返すこの時期は、人間に関する新たな仮説の宝庫でもあります。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ボディチェック

200701091356.jpg


 人相が悪いのか風貌のせいか、はたまた挙動が怪しいのか、飛行機搭乗前のボディチェックと入国時の税関検査に関しては、いつも人並み以上に入念に受けています。私の場合母国に限らずどの国でも、自分が国家から手厚く扱われていると感じるのはこの時位です。もちろん違法な物を持ち歩いている訳でもなければ、如何なるテロ組織や諜報機関・犯罪組織等の一員でない事は、言うまでもありません。念のため。
 「ポケットの中のものを全部出してください」と言われ、「えっ、全部・・・?!」と一瞬たじろぐのが、事を複雑にしているのかもしれません。これから始まる大好きな長い空の旅に備え上着のポケットには、ドラえもんには敵わないまでも機内で遊ぶ為の宝物がごっそり入っています。いくつもあるポケットからそれらを全部出し、プラスチックのトレーの上に並べ、またもとのポケットに戻すあの一連の作業は大嫌いです。渋々出しながらも、顔には拒絶の二文字がくっきり出ていると思います。
 きっとスーツケースやガーメントケースを開けるように言われた時も、同じような表情をしているのだろうと思います。鋭い目で熱心に検査して下さる警備員や係官の期待に応えられるような物が出て来る事はありませんが、検査が終わるとお互いぐったりします。さんざんガラクタを見せられた彼等と、それをもう一度詰め直す私。ガラクタの中には何かひとつくらい彼らの手柄になりそうなものがあってもよさそうですが、法も見捨てた筋金入りのガラクタばかりで没収歴・拘束歴はゼロです。
 先日搭乗前のボディチェックで「ポケットの中の・・・」と言われ「上着ごと預けちゃダメ?」と訊いたら、透かさず「おズボンも一緒にお預かりしますよ」と笑顔で返され観念しました。きっと同じようにごねる人が結構いるんでしょうね。脇で靴を脱いでいる人が多いのには、少し驚きました。テロ対策ということでボディチェックはどんどん厳しくなり、機内に持ち込める物も昔と比べるとかなり限られてきました。ポケットの中の宝物たちにレッドカードが出る日もそう遠くないかもしれません。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

譜面台と商品表示

200701081322.jpg


 Lord店内には譜面台がいくつかあります。写真はイタリア製の古木の譜面台で、開店以来Lordの入り口にあるものです。古木の天秤と同じく、Lordのトレードマークになっています。お客様からはよく、場所や店内の様子がどんなに変っても天秤と譜面台を見ると、Lordに来たという気がするとおっしゃっていただきます。これは私達スタッフも同じです。
 この他には卓上譜面台とミニテーブル譜面台が、ほぼいつも店内にあります。木製の卓上譜面台は書見台をお探しの方に好評で、譜面台としてより書見台としてお使いの方が多いようです。しっかり作られており角度も三段階に調節可能で、分厚い大きな本にも使えます。金属製のミニテーブル譜面台は、卓上でCDやポストカードを飾るのに便利なサイズで、Lordのロングセラー商品のひとつです。
 何れも名前は譜面台ですが、Lordに譜面台を探しに来られるお客様は少なく、譜面以外のものを乗せて使っておられる方が殆どかと思います。多くの場合商品には、製造者のつけた名前があります。どこの国の製品であれ、譜面台にはその国の言葉で『譜面台』という意味の言葉がくっ付いた名前がついてきます。基本的に私達は、その名前を表示し店頭に並べております。
 Lordではこれまで、全商品に解説を付けたり全商品を金額表示だけにしたりと、試行錯誤を繰り返してきました。どれも賛否両論あり、現在は製造者の付けた商品名と金額だけの表示となっております。お客様の自由な発想と感性に学ばせていただく事は多く、それらを阻害することなく親切で余計なお世話になることの無い表示を模索する日々です。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Lord 1月の予定

200701071345.jpg


 Lordの1月の予定はHPでも紹介致しておりますが、商品販売等に関しての詳細は以下の通りです。1月は催しや貸切等の関係で休業日が不規則になっておりますので、ご注意下さい。1月中は催し開催中も、定休日と貸切日を除く総ての日に商品販売をしており、お買い物をしていただく事が出来ます。ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

  ☆1月の定休日:24日

   ※水曜日が定休日ですが、1月10日・17日・31日は営業致します。

  ☆貸切日:11日・19日

   ※お買い物は出来ません。

 1月11日(木)は終日、Ruby Dance 別所るみ子さんの『Rubyストレッチ』が開催されます。時間は①12:00~13:30、②14:00~15:30、③16:00~17:30の3回で、各回定員5名です。参加費・予約等の詳細はLordのHPでご確認下さい。

 1月18日と31日にはLINDAさんの『ネイルアート』が開催(併設)されます。ネイルアートとお買い物が同時にお楽しみいただけます。こちらも詳細はHPでご確認下さい。

 1月20日からは『Masks-異次元空間へのお誘い』が始まります。衣装図鑑の柴田景子さん企画協力、別所るみ子さん協力による不思議な空間が表参道に現れます。2月13日までの会期中には仮面の展示販売・コスチュームタロット占いセッション・仮面ウオーキング・Ruby Dance・ドレスとマスク着用の変身写真館・Reinaのタロット&カード占いetc.の企画が盛り沢山です。Lordの商品も並び、もちろんお買い物もしていただけます。詳細・予約・お問合せはLordのHPをご覧下さい。

 今年もLordは充実した催しを企画・開催致して参ります。どうぞ神宮前まで足をお運び下さいませ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

衣食住を楽しむ天才

200701061259.jpg


 近隣に事務所を構える人気デザイナーのX氏は、その巨匠としての地位からは信じられないくらい気さくでお友達が多く、毎晩飲食の予定がびっしり入っています。ふらりとLordに入って来ては初対面の女子大生とお友達になり、何処から出したのかビールとおつまみを振舞い、電話番号を訊きだすとまたふらりと帰って行きます。
 会うといつも手にはワインのボトルか缶ビール、超高級な上着の膨らんだポケットにはおつまみが入っています。下戸な私は、巨匠がワイン・ビールやおつまみのメーカーとタイアップしているのではないかと、疑っています。昨年末最後の挨拶時も、今年新年最初の挨拶時もその手には缶ビールがありました。年末年始の一週間、ずっと巨匠は飲み続けていたと確信しています。
 巨匠は『衣食住』を楽しむ天才です。多くの人を楽しませるデザインの源は、自分が楽しむ事にあるようです。世界中の楽しい衣食住を体験し、アウトプットするその姿は豪快でもあります。巨匠は仕事をしている時も実に楽しそうです。オフィスで擦れ違いざま「今日から明日は超多忙で、寝る暇も無いよぉ」と言うその手には、缶ビールとおつまみがしかっりと握られています。
 さっき突然やって来て「あれっ、一人?!じゃあ帰るわ」(オイオイ何しに来たんだ!)、「夢にはお金かかるよ」(デザイン料安くして下さい!)、「最近『住』を一番楽しんでないなぁ」(だって家に帰ってないでしょ!)、「ごめん、俺新年会で忙しいから」(新年合コン?)と慌しく去って行った巨匠。自分自身がいつも夢を追い駆けることによって、私達にも夢を見させてくれる素敵なお仕事です。Lordも楽しみながら夢を追い駆けてます。巨匠、どうかご自愛下さい。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:1 |

路上の椅子

200701051406.jpg


 神宮前の坂道を登っていると道端で、古く大きな木の椅子に腰掛けたお洒落な紳士が何やらスケッチをしておられます。英国風ホームスパンのジャケットの朱が鮮やかで、坂の上方向に向かって座り、30度位に傾けたファーバーカステルのペンシルの頭がかなりの速さで円を描いてます。歩を緩めて背後から近付き、スローモーションで通り過ぎながら覗かせていただきました。
 A2サイズほどのスケッチブックには、濃淡のある大きな球と格子縞がデッサンされていました。立ち止まりたい衝動を抑え、少し坂を登った所で振り向きました。紳士は首を軽く右へ傾けた同じ姿勢で正面を見据え、紙に目を落とすことなく、ペンシルの頭を回転させ続けています。だらりと下がった胸ポケットの上質な緑のチーフが、彫刻のように動きません。
 坂道の残り半分は右へ左へ転がり、紳士の感性に遊ばせていただきながらゆっくりと登りました。坂を登り切ることなく左へ折れる際にもう一度紳士へ目をやると、そこだけ蔦の這う煉瓦の壁があるように見え、思わずニンマリしてしまいました。印刷物等をご覧になった方はお気付きかもしれませんが、煉瓦とIVYは天秤と同じくLordの開店当初からのテーマモチーフです。
 地味な容姿と喋り方から意外がられる事も多いのですが、ステレオタイプな行動や発想が不得手です。非常識・無知・へそ曲り・変人と世間の評価は厳しいのですが、この界隈には御同輩も多いようで毎日がとても楽しいです。一時間後、その場所に紳士の姿はありませんでした。重厚な木の椅子も・・・。あの作品とはそう遠くない日に再会できる気がします。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。