Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

路上の椅子

200701051406.jpg


 神宮前の坂道を登っていると道端で、古く大きな木の椅子に腰掛けたお洒落な紳士が何やらスケッチをしておられます。英国風ホームスパンのジャケットの朱が鮮やかで、坂の上方向に向かって座り、30度位に傾けたファーバーカステルのペンシルの頭がかなりの速さで円を描いてます。歩を緩めて背後から近付き、スローモーションで通り過ぎながら覗かせていただきました。
 A2サイズほどのスケッチブックには、濃淡のある大きな球と格子縞がデッサンされていました。立ち止まりたい衝動を抑え、少し坂を登った所で振り向きました。紳士は首を軽く右へ傾けた同じ姿勢で正面を見据え、紙に目を落とすことなく、ペンシルの頭を回転させ続けています。だらりと下がった胸ポケットの上質な緑のチーフが、彫刻のように動きません。
 坂道の残り半分は右へ左へ転がり、紳士の感性に遊ばせていただきながらゆっくりと登りました。坂を登り切ることなく左へ折れる際にもう一度紳士へ目をやると、そこだけ蔦の這う煉瓦の壁があるように見え、思わずニンマリしてしまいました。印刷物等をご覧になった方はお気付きかもしれませんが、煉瓦とIVYは天秤と同じくLordの開店当初からのテーマモチーフです。
 地味な容姿と喋り方から意外がられる事も多いのですが、ステレオタイプな行動や発想が不得手です。非常識・無知・へそ曲り・変人と世間の評価は厳しいのですが、この界隈には御同輩も多いようで毎日がとても楽しいです。一時間後、その場所に紳士の姿はありませんでした。重厚な木の椅子も・・・。あの作品とはそう遠くない日に再会できる気がします。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。