Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

豊潤な時

200702111801.jpg


 柴田景子さんの仮面を観るために、イタリア人の人類学者と芸術家が来られました。短い時間ではありましたが、とても貴重なお話を聞かせていただくことが出来ました。仮面を通して語られるイタリアの文化に、人類の悠久の歴史と営みの重さを再認識しました。
 目の前に在る物の古さを歴史に基づいて説明する人類学者のDr、同じ物の新しさを同じく歴史から説明するアーティスト。立ち位置の異なる二人の互いにパラドクシカルな説明は、どちらも確信に溢れ小気味のよいものでした。
 彼(アーティスト)は仮面を着けることと身体へペインティングすることの異同を考えるうちに、バレーダンサーの身体から衣装を取り除き、身体へ直接ペインティングするようになったそうです。ダンサーの極限まで鍛えられた身体へのペインティングは、5時間以上を要するとの事でした。
 身体に直接刻まれた痕跡と着衣に差異は無いという着地点を共有しながら、歴史・身体論・モード論を縦横に行き来して語る彼らは実に楽しそうでした。私には議論の中身以上に、仮面を前にして語る二人の創り出す豊潤な時間と空間が印象に残りました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。