Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あんパン3個

200705271212.jpg


 昨日今日の二日間は、ヒストリックカーによるタイムラリー『ジーロ・デ・軽井沢』が開催されています。Lordの前の通りも、普段写真でしかお目に掛かれないような珍しい車が通過して行きます。残念ながら勤務中なのでじっくりは観れませんが、世界の名車の音だけは充分楽しませていただいております。
 朝の掃除が終わったエントランスのベンチに、初老の紳士が座っておられました。「あれは何という車?」「ロータスです」「どこの国の?」「英国です」「あれは?」「アルファロメオ」「どこの?」「イタリア」「あれは?」…とアンデルセンのあんパンをもらった御礼に、しばらく解説をしていました。
 「君、詳しいね。マニア?」「いえ、子供の頃覚えました」「好きなんだね。今は何に乗ってるの?」「ママチャリです」「それどこの?」「いえ、あの…」。紳士は感心し、あんパン3個ももらっちゃいました。朝から本当に久し振りに、仕事以外の会話を楽しみました。車は好きですが、マニアでもオタクでもありません。ただ走っている車の名前が全部言えた事には、自分でも驚きました。
 子供の記憶力・吸収力は凄いものです。特に興味のある事や好きな事に対する集中力に、大人は敵いません。先日この記憶力・集中力をもっと積極的に、学問(学力)に向けさせる仕組みを作るべきとの議論がありました。もったいないと思います。子供の個性は人数分です。釣りが好きな子には釣りを、粘土細工が好きな子には粘土細工を、歴史や化石が好きな子には発掘を…etc.
 本当に好きな事を出来ない(しない)大人の作る仕組みは、いつも偏狭で退屈です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。