Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『らしさ』と『過し方』

200705291055.jpg


 写真はLord軽井沢店の後方入口(裏口)正面の様子です。普段皆様に御利用いただいているのは、軽井沢本通側の正面入口です。ドアの前に立ち外を眺めた時の景色が、表と裏でこんなにも違います。ご来店いただいた事の無い方の為に表の写真も並べれば親切なのですが、特定の店舗や施設が写りますので差し控えます。正面は車も多く、地方のごく有り触れた通りといえます。
 毎日のようにお客様から「軽井沢らしい場所は?」「軽井沢らしいレストランは?」「軽井沢らしいショップは?」と質問をいただきます。大方のお客様は、旧来の保養地・別荘地としての軽井沢をイメージして「軽井沢らしい」とおっしゃってるようです。軽井沢も多様化している昨今、現在の「軽井沢らしい」も定義によってはかなり意見が分かれそうです。
 で、取り敢えず店舗の裏側を指差し、「一本向こうの道をボォーっと歩いてみて下さい」とお答えするのですが、意外とこれが好評です。現在の消費社会において「らしさ」が至って恣意的・作為的である以上、「軽井沢らしい施設・レストラン・ショップ」等はテーマパーク的にしか存在しえません。懐古的で一種テーマパーク化した「軽井沢らしさ」には、違和感を覚えます。
 私は「軽井沢らしさ」を語ることが出来ません。ここでどのように過すかを見つけ、それを実践し楽しんでいる方々を拝見する時、「軽井沢らしいな」と感じるのが精一杯です。自然や物質にではなく、『過し方』に「軽井沢らしさ」を感じます。Lordに「軽井沢らしさ」はありません。それぞれの『過し方』のお手伝いが、私達の仕事であると考えています。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。