Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

混在

200705311039.jpg


 今回のクールは3週間で、最後の週に突入しました。この1週間は、持ち前の元気さと勢いで突っ走ります。声も自ずと大きくなりますが、あまり大きいとお寿司屋さんのようで、折角入って来られたお客様が驚いて引き返されてしまいますので、ほどほどにしています。声だけ大きくても空元気と言われますから、笑顔も満開の1週間です。
 Lordには日本も含め、世界中のモノが集まっています。その名称や表記は原則的にそのままなので、店内には世界中の言語が溢れています。フレンチレストランならフランス語、アメリカ雑貨店なら英語、お寿司屋さんなら日本語と、店内で使われる言語がある程度限定される場合もあります。Lordのような空間では、意識的に統一しない限り様々な国の言葉が飛び交うこととなります。
 Ekelund社のお馴染みムーミンシリーズの場合、箱や商品の表記はMoominですがカタログなどの表記はMuminで、他の商品も含め名称にはスウェーデン語と英語が混在しています。「これ何語?」はLord店内でよく聞かれる言葉です。商品の名称や表記に複数の言語が混在していることはよくあり、日本に限らず他国語を自国の文字に置き換え使っている例も多いようです。とここまで書いて、ある事に気付きました。
 無意識に書き始めた本日の日記は「今回のクールは3週間で…」と始まっていますが、この『クール』は仏語のcoursです。英語のcoolや独語のkurでないということは、「区切りとなる一定期間を日本語で『クール』といい、他のクールとの区別は文脈からつく」という無自覚なコンセンサスに担保されています。独り善がりで不親切な文章といえます。同様な不親切は、お客様との応対にもあるはずです。お気付きの際は「それ何語!」とお叱り下さい。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。