Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

退屈

200706031027.jpg


 毎週何件か、雑誌の取材や広告掲載の依頼をいただきます。以前は仕事の都合上、毎月内外の200誌以上に目を通していた時期もありました。現在は特に興味のあるものを手に取る位で、雑誌に関しては疎いといえます。「どんな雑誌なんですか?」というこちらの質問に、「えっ!?」と私が知らない事に戸惑う依頼者の説明の随所に、「本当に知らないの?以外だなぁ」といったニュアンスを感じますが(実際口に出す人もいますが)、本当に知りません。
 Lordの性質上『フライデー』『週刊女性自身』『anan』といった雑誌からの依頼は無く、ほとんどが「こだわりの・・・」「男性の・・・」「大人の・・・」「趣味人の・・・」といった編集方針の情報雑誌です。お客様はご存知の通り、Lordに特筆すべきこだわりは無くマニアックでもありません。老若男女のご来店比率はほぼ均等で、大人の男性に限らず小学生の女の子にも常連さんはいます。「ターゲットは?」の質問に「無い」と答えて、マーケティングの講義を聴かされることも多いので、最近は「世界征服」と答えます。
 社会の高度情報化や交通機関の発達等もあり、重要な最新情報を雑誌から得る機会も少なくなりました。私自身現在、本当に大切で必要な情報を雑誌から得る事は皆無です。有料のカタログ化した雑誌に記事という形態の広告文章を見て、滑稽に感じたのは1970年代後半でした。これ自体は何年も前に予言され、先を行く国もあったので、さして驚くに値しませんでした。21世紀も7年目を迎え、様々な分野で成熟・変化を実感します。そんな中で先端を標榜するメディアの手法は、その技術の進歩とは裏腹に古典的で退屈です。
 
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。