Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現代の地図

200706072258.jpg


 雨が嫌いなわけではないのですが、傘を差すのが苦手な事もあり、雨の日は室内で過すことが多くなります。外出するにしても、地下道を使ってビルや映画館を渡り歩きます。都内では地下駐車場や地下鉄を上手に利用する事によって、殆どの場合傘を持たなくてもウロウロすることが可能です。
 交通機関を使う場合、自宅から最寄り駅までの約2分とギャラリーと最寄り駅の約3分さえ何とかなれば傘は必要ないので、少々の雨なら傘は持ちません。そんな日は、普段なら徒歩圏でもメトロと地下道をつないで使うのですが、その際に役に立つのが網の目のような路線図です。
 最近は地下道や出口なども詳細に表示されたものもあり、とても重宝します。現在都内の地下鉄は路線の表記だけでかなり複雑な上に、その他の情報まで併記されるとこれはもう暗号図のようなものです。私のように雨に濡れたくないというようなずぼらな理由でも無い限り、あまり詳細なものはかえって見辛いかと思います。駅でお年寄りに、詳細な路線図の見方を訊かれた経験もあります。
 小学校の社会科で、地図の読み方を学習しました。実際の国土地理院の地図を使って、等高線の読み方や「卍」はお寺「文」は学校等と覚えました。都市部で小学生が電車通学することも珍しくない昨今、社会の授業でどんな地図を扱っているのか興味のあるところです。高度に都市化の進む現在、簡潔に記号化された都心部の地図が欲しいと思います。あと国際関係が簡潔に判る地球儀・・・。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。