Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

七夕

200707071152.jpg


 先程お客様とお話をしていると、突然「今日の日記は何を書くの?」と訊かれました。「まだ決めてませんが何か御希望ありますか?」とお応えすると、「七夕!書きそうにないからね。イメージ違うしね」。イメージありませんか?一応名前には『彦』の字があるので、彦星つながりということで。また冒頭であまり引っ張ると、「七夕の事が書いてない!」とご指摘をいただきそうなので、以下『七夕』です。
 七夕の伝説は元祖中国の神話を読むと、宇宙創世的な色合いが濃い気がします。日本では万葉集などに見られるように、もっぱら牽牛と織女の恋物語的な要素が強いのではないでしょうか。私の通っていた幼稚園では先生方の好みか、毎年七夕に壮大(?)な恋愛劇を演じさせられていたので、私は余計にそう感じているのかもしれません。
 小学校に入ると織女と牽牛のロマンスは霧散し、織姫はこと座のα星(ベガ)に、彦星はわし座のα星(アルタイル)となり、理科のテストで織姫・彦星と書いて×をもらいました。答案に書かれた「子供じゃないんだから!」という赤い文字を見て、「小学生は子供じゃないのか?」と思った覚えがあります。その後の七夕は、願い事を書いた短冊をたくさん作ることに明け暮れました。
 竹に合う短冊用の紙は、結構本気で探しました。ですから今でも七夕というと、紙のイメージがあります。さすがにこの歳になると願い事は一つだけですが(ちゃんとします!)、短冊用の紙は気になります。今朝その七夕の日の朝に、大好きな美篶堂さんからたくさんの紙製品が届きました。ノート・ブロックメモ・豆本カードスタンドなど、Lordのスタッフも普段から愛用している紙の逸品たちです。現在は願い事はすべて、美篶堂さんのノートに書いてます。(未だに願い事をたくさんしているのがバレてしまいました・・・)
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。