Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

儀式

200708061610.jpg


 Lordの商品の多くは、大量生産される工業製品ではありません。それゆえ日本も含めた世界から集まって来る商品の到着は、スタッフにとっても待ち遠しく嬉しい瞬間です。箱を開ける時のワクワクした気持ちと、商品と対面する時の感動は、何回繰り返しても変ることはありません。大切な人からのプレゼントを受け取り、包みを開く時のあの喜びと同じで、日々それを繰り返せる事に感謝しています。
 海外からの荷物の梱包は、至ってシンプルです。商品自体の固定はしっかりされていますが、梱包や箱は素っ気無い場合が殆どです。中から出てくる商品とのイメージの差が大きいだけ、商品に対する感動も大きいのかもしれません。海外(特に欧州)からのシンプルな梱包に学ぶ事は多く、この国でも過剰な梱包や包装は少なくなったとはいえ、反省するべき点はまだまだありそうです。
 商品の詰まった箱を開けると、先ず素材の香りを楽しみます。木・革・金属・紙・布・・・etc.香りを堪能するといよいよ動かぬようにしかし無造作に詰め込まれた商品を手に取ります。ひとつ手に取るごとに「うぉー」とか「おぉー」と、歓声とも唸り声とも区別のつかぬ声が上がります。これはスタッフの年齢・性別・経験等にかかわりなく、全員共通のようです。
 声を出しながらの開包・検品は、とても楽しい時間です。それらが終わった商品はいよいよ店内の棚に並ぶわけですが、ここまではあっという間です。今棚に並んだ商品がお客様の目に留まり、品出しと同時に出て行くこともあります。お帰りになるお客様に、いつまでも手を振ってお見送りするLordスタッフの姿は有名ですが、実はあれ、商品とのお別れでもあるんです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。