Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地球征服

photo070826.jpg


 遠くそれも思いっきり遠くを見るのが大好きで、小学校に上がる前からよく目の前の開けた高い場所で遊んでいました。小中学生の頃は、視力が両眼とも2.0でした。当時は2.0までの測定しかしませんでしたが、もしかしたら軽く3以上はあったかもしれません。その後近くを見る時間が長くなり、近視への道を歩みます。
 近視になって眼鏡やコンタクトレンズを使用しても、遠くを見るのが好きな事に変りはありませんので、矯正視力は2.0近くにしています。別に何かを見ようと遠方を見ている訳ではなく、ただボーっと眺めています。遠くに視線を置く様は、傍から見ると哲学的あるいは地球征服を目論んでいるように見えるかもしれませんが、実際は「お昼は何を食べようかな」くらいのことしか考えていません。
 軽井沢に出張しているとたくさん遠くが見れそうですが、毎日至近距離だけを見て終わっています。私の生活圏と外に出ることの可能な時間のせいもありますが、たまにチャンスがあっても雨や霧の日が多く、遠くを見ることは本当に稀です。夜、部屋の窓から眺める空が数少ない楽しみの一つですが、高原の夜空は雲が多く星を見る事の出来る日数は驚くほど少ないことに気付きました。
 遠くを見たいという強い欲求は、思考をどんどん彼方へと誘います。視線は身の回りの物や人を飛び越し、地球を飛び出し宇宙の彼方へ向かいます。北極やロッキー山脈の写真が妙に近く感じられ、はるか何億光年も彼方の写真を観て夜な夜な思考しています。地球がとても身近で小さく感じます。地球征服を目論むのは遠くを見ている時ではなく、至近距離だけを見ている時のようです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。