Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リラックス

200710032303.jpg


 皆様それぞれに、リラックスできる時間や空間というものをお持ちかと思います。Lordは空間創りが仕事なので、多くの方からそういった空間・時間に関するお話しを伺う機会が多く、これはとても楽しく興味深いことです。これまでの印象では、リラックス(relax)という言葉の定義は辞書にある「寛ぐこと。力をぬくこと。緊張を緩めること。・・・」といった枠を超え、時間・空間も人の数だけありそうです。
 これは考えてみればごく当たり前な事なのですが、癒しやスローライフなどまでもが消費に組み込まれてしまう余計なお世話のお国柄の中で、意外な印象を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。私が変わり者なのでしょうが、「癒しの・・・」や「リラクゼーションの・・・」といった場所や物で癒されたりリラックスすることはなく、ともすれば緊張が増す場合もあります。
 現代の消費社会に生きている以上、公空間や媒体におけるリラックス自体が消費活動の上に存在する事は止むを得ないと考えます。Lordの創る空間も然りです。そういった事に対する自覚の有無にかかわらず、皆様から伺うリラックス空間は実に多様で挑発的といえます。しいて共通項を探すとしたら、その多くがシンプルであるということくらいでしょうか。
 最近私は自分自身がリラックスできる空間に関して、とても大きな発見をしました。私はある国に滞在している時、常にリラックスしています。入国審査を受けてから出国するまで、どこで何をしていてもリゾート気分です。首都の大都市のホテルに滞在していても、緊張を強いられる式典に参列していても、権威のある方とお話ししていても、トラブルに巻き込まれても、常にリラックスした自分がそこにいます。
 真剣に移住を考えてもよさそうですが、今しばらくそれが何故かを細かく分析する必要がありそうです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。