Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ウォークライ

200710091539.jpg


 今朝お客様から、日記に「サッカーの話はよく登場するけど、ラグビーには興味ありませんか?」と訊かれました。ラグビーも大好きで、現在はワールドカップ・フランス大会を楽しんでいます。サッカー同様母国が強豪というわけではないので、応援というよりも純粋にこのスポーツの最高水準に感動と驚きの連続です。骨が細く気の弱い私は、体育の授業以外では競技経験はありませんが観戦するのは大好きです。
 準々決勝でオールブラックス(ニュージーランド)とワラビーズ(オーストラリア)が姿を消したのは意外でした。先日シドニーで話したオーストラリア人達は皆、ワラビーズの優勝を確信していました。オールブラックスが準決勝進出を逃したのは史上初だそうです。世界ランク1位が指定席のオールブラックスがW杯で優勝したのは87年の第1回大会だけというのも意外な気がしますが、自国開催の次回大会が楽しみです。
 オールブラックスといえば、試合前に先住民マオリ人の戦いの儀式ウォークライを行うことで有名です。マオリはニュージーランドの先住ポリネシア人で、9~10世紀にタヒチあるいはクック諸島から移住して来ました。現在ニュージーランド全人口の10%弱はマオリ人です。フランスの詩人セガレンは著書『太古の人々』で、西欧文明の侵入で滅びたマオリの伝統的な話し言葉を復活させました。
 声を掛けて下さったお客様は、このオールブラックスのジャージを着ておられました。「ウォークライできますか?」と冗談で伺うと、「もちろん!」と狭い店内で突然始まってしまいました。最初は私も他のお客様も目が点でしたが、終盤は店内がやんやのお祭騒ぎ・・・。私の倍もありそうな大きな身体と、品物が棚から落ちそうな大きな声によるウォークライは迫力満点でした。家では顔にマオリの螺旋模様を入れることもあると聞いて、想像した私はその後しばらく笑いが止まりませんでした。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。