Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガイド

200711272145.jpg


 「今朝は-7℃だったんですか?」とお客様に言われて、「そうなんですか?」とまるで他人事のような受け答えをしてしまいました。寒がりの私からすれば、-2℃も-7℃も区別の付かぬ同じ「寒い!」です。27℃と30℃の微妙な違いには気付いても、-7℃と-10℃の違いには無自覚です。氷点下に慣れておらず、異常に着込み過ぎているからかもしれません。
 これだけ寒くなると、レストランに関するお客様の質問も変ります。夏だと「美味しいお店」が、最近多いのは「温かいものが美味しいお店」です。「例えば?」と訊くと、「鍋物」「チーズフォンデュ」「シチュー」がトップスリーです。私自身は残念ながらこの時期は初めてで、また食べて歩く時間もないので、いろいろな方からお話を伺ったり、直接お気に入りのお店に電話をし尋ねたりして情報を収集しています。
 美味しい美味しくないという感覚は個人的なものなので、「美味しいお店」をお教えするのはとても難しいです。ただ何処に何があるか位は、お教えしたいと思うので調べます。様々なガイドブックを見ても、「旬の素材にこだわった…」等のステレオタイプの紹介が並ぶだけで、「そんなの当たり前だろ」と突っ込みたくなるものが多く、お客様が私如きに尋ねられるのも、分からないでもありません。「…が大好評」「今大人気の…」といった自己言及の挙句、「・・・が嬉しい」と文章が喜んでしまったら、読む方は最早しらけるしかありません。
 季節・素材・飲物・上質なサービス等に拘らないシェフや板前さんにお会いした事はありませんが、それはさておき、「美味しいお店」をお教えする時の話でした。当然ながら私の場合は、自分自身が何度か足を運び、気に入っているお店しか紹介できません。「美味しい」「こだわり」といった言葉の出て来ない素直な感想ですので、お客様がキョトンとされることも多々あります。ただ後日様子を伺って、「気に入らなかった」という感想をこれまでいただいてないのがせめてもの救いです。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。