Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

P1000519.jpg


 都市における照明の役割は、実に複雑です。もちろん闇を照らし明るさを確保するという、原初の機能的役割が重要である事に変りはありません。旧来の機能的役割も視界の確保から保安・信号・装飾など、その射程はかなり広範囲に及びます。深夜に人影の消えた都心を歩いていて、目の前に突然現れた大きなロボットや宇宙船に驚くことがあります。
 その正体は建造物なのですが、昼間に見慣れた建物を夜見て「これ何だっけ?」という経験はありませんか?注意力散漫な私ならではの大ボケかもしれませんが、しばしば経験しています。闇が輪郭を削り光が特定の部分を照らすと、もともと不定形な建造物は昼間とは異なる姿を現します。自動的に光の照度や色が変る事により、動いているように見える場合もあります。
 完全にではないにしても機能的役割から解放された照明は、都市の生活を楽しませてくれます。CO2削減の観点からは好ましくないとのご指摘もありそうです。役割を担っていない訳ですから、無駄だと言われればその通りです。広告効果も記号的役割も担わないロボットや宇宙船が現代の都市に存在することには、懐疑的な方が殆どかと思います。
 送り手が外したのか受け手の私がつかみ損ねているだけだろうというのが周囲の大方の見解です。都市生活では中途半端な仕掛けが鬱陶しいので、意識して自覚的であることによりそれらを消し去るようにしています。解放の為に自覚という手続きを要求する現代の都市生活では、複雑化した表層の背後に実にシンプルで空虚な像の存在を感じる瞬間があります。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。