Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

粒子と波動

2008052109410000.jpg


 朝までサッカーの欧州チャンピオンリーグの決勝をTV観戦していた為、外に出ると強い陽射しが眩しくて涙眼になります。終ったら少し仮眠をと考えていたのですが、試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかずPK戦にもつれ込んでしまいました。決勝戦に相応しい素晴らしい試合は、劇的な幕切れでした。試合中はグランドの集中と緊張が伝わり、ほとんど釘付け状態でした。終ってもしばらくは興奮状態が続き、時間が無かったこともあるのですが、仮眠どころではありませんでした。
 中間試験時期の中高生諸君は時間のやり繰りなどで大変だったでしょうが、あの試合なら観た事を後悔している人はいないでしょう。興奮状態のまま、試験で点取っちゃって下さい。無責任オヤジのお気楽発言に、「おまえこそちゃんと仕事しろよ!」と中高生の檄が飛んで来そうです。これだけ科学も発達してるのですから時間と空間をちょっと捻じ曲げて、欧州のビッグイベントを極東の島でも時差無く楽しめるように出来そうな気もしますが、その前にビデオを買えと言われるのがオチなのでこれ以上は止めておきます。
 Lordのテーマは空間ですから、店内で過している間は常に空間の事を考えています。「物じゃないの?」と不思議に思われる方も多いかもしれませんが、軽井沢店でも頭の中には先ず空間があって次に物です。原子レベルでは如何なる物質も刻々と変化しているのでしょうが、私達はある程度のまとまった時間を通してしかそれを知覚する事が出来ません。それに対して空間の変化は、五感を通して絶えず感じる事が出来ます。光・音・香り等の波動を視覚で捉えることが出来たら、どのような空間もさぞ賑やかなことだろうと何かの拍子に考えることがあります。
 世界を代表する一流選手たちが集まるビッグチームのサッカーは、ボールが動く前に先ず空間が動きます。空間を作り、空間に飛び込み、空間を潰しといった具合に、かなりのスピードでフィールド上の限られた空間の争奪が行われます。新たに作られた空間にすばやく流れ込むプレーヤーは粒子のようで、一気に攻めあがるラインは波動のように見えます。ボールはその空間の間を、滑るように行き来します。これら一連の動きは確かな技術と鍛えられた身体の為せる業である事に間違いはありませんが、教えられたりその場で考えて出来る事ではないと思います。そこには選手一人一人が潜在的に持つ、見事な創造性と感性を感じます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。