Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンドロイド1号

2008052710540000.jpg


 蝉の声を聴いたような気がしましたが、気のせいでしょうか。昨日今日は突き抜けるような快晴で、軽井沢でも昼間は半袖のシャツで気持ち好くお散歩が出来ます。といっても私は、昼間は季節に関わりなく、一年中同じ服装で店内に籠もっています。いつもこういった書き出しは、通りをガラス越しに眺めて道行く人の服装や表情などを見て書いています。通勤で外を歩くのは午前9時以前と午後9時以降ですから、高原では一年を通して半袖一枚で外を歩くことはほとんどありません。
 お客様が寒い日は暖かく、暑い日は涼しく感じられるLordの店内は、実際は一年中同じ温度・湿度です。ご存知のようにLordの商品は季節によって変わる性質のものでもありませんので、どの季節に来られても同じです。従って店内の香りも一年中変わりません。音楽はといえば、夏は涼しげなハワイアンということもなく、一年を通してモーツァルトかバッハが流れています。この様に一年中同じ服装で同じ物と環境の中で淡々と働くLordのスタッフを、近隣の方々はアンドロイドと呼んでいるそうです。
 言われるまで意識したことは無かったのですが確かにその通りで、毎年毎日見ている高原に住む人達には、変わらぬセットと装置の中で動く不思議なロボットに見えているのかもしれません。何度かこの日記にも書いていますが、一日の半分をこの空間で過していると、戸外の変化や時間の進行とともに店内の空間が絶えず変化しているのが分かります。空間は生き物のように休む事無く動き続け、その感覚的変化は、時として目視可能な物理的変化以上にその表情を変えます。私たちに、常に同じ空間という意識はありません。
 そして何より、この空間で日々刻々起こる出来事は総て新鮮です。同じ日・午前・午後・夜などありえません。これまで2万5千時間にも及ぶ軽井沢店の営業時間の、最初の1秒から今この瞬間まで、常に新しい出会いや出来事の連続です。もちろんそこでの主役が人であり、出来事がコミュニケーションであることは言うまでもありません。次から次に繰り出される新たな出来事は、私の予測や想像・創造など遠く及びません。決して大袈裟ではなく本当に、毎日が新しい驚きと感動の連続です。
 空間をメディアとして止め処なく湧き出るコミュニケーションの泉で、今日もアンドロイド1号は泳ぎます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。