Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

境界

2008060312400000.jpg


 朝からの雨は、時間とともに降りが強くなっていきます。入って来られるお客様や配達の人達は一様に全身びしょ濡れで、感謝と申し訳ない気持ちで一杯です。前の通りには所々大きな水溜りができ、避けきれない車が歩道に扇のような水しぶきを浴びせています。台風の影響か風も強く、霧で白くけむる街では傘もあまり役に立たないようです。
 乳白色の通りの両側に等間隔に並ぶ木々の新緑だけが、鮮やかな色を放っています。雨音と時折通る車両が路面を滑る音以外に聴こえるのは、店内に流れるモーツァルトの調べだけ。梅雨が明ける7月下旬頃までのしばらくの間、避暑地の午後は静かに時を刻みます。梅雨が明け夏休みが始まる頃から、街の雰囲気はがらりと変わります。
 7月20日前後を境とした対照的な雰囲気には、どちらにもそれぞれの風情があります。雨と霧でひっそり静まり返ったモノクロの世界と、人と車で溢れる明るくてカラフルな世界。どちらも高原の避暑地が持つ独特な世界です。二つの世界の切り替えは突然やってきます。静かなモノクロの世界が少しずつ賑やかでカラフルな世界に変化していくのではなく、何の前触れも無く突然切り替わります。
 ある朝目覚めると、街全体が色を取り戻し眩しく輝いています。外へ出ると同時に喧騒の渦に巻き込まれ、夏のリゾートシーズンの到来を知ります。前日までの静寂とモノクロの世界は、遠い昔の別の場所のことのように感じられます。「静寂とモノクロの世界」と「喧騒とカラフルの世界」の境界は、越えると明確なのですが越えるまで見えません。ある夜を境にした街のコントラストに、避暑地の夏の儚さを感じます。
 
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。