Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

選ぶ場所

2008070215030000.jpg


 表参道店も軽井沢店もEkelundの夏の柄が続々入荷し、店内の色合いが刻々と変化します。同じEkelund商品とはいえ、それぞれの立地もあり商品構成や並んでいる色や柄は少し違います。展示の仕方も異なりますし、表参道は外の光を充分に採り入れたコンサバトリーの自然光の中でご覧いただくことができます。織物ですから光の具合で、見え方も違ってきます。
 Lordはどちらの空間でも、あまり人工的な演出はしていません。同じ柄でも都市で見るのとリゾートで見るのでは、違って見ます。同じお客様でも、都市で選ぶ時とリゾートで選ぶ時では、異なった選択をされます。表参道店と軽井沢店を往ったり来たりしていると、日常と非日常における需要と選択の違いを直接感じる事ができます。
 あるお客様から、面白いお話を伺いました。東京の自宅で使うテーブルクロスを、東京と軽井沢でシーズンごとに交互に選んでいるそうです。今年の夏が軽井沢なら秋は東京、今年の冬が軽井沢なら来年の冬は東京という具合だそうです。毎年シーズンごとにクロスを選ぶという贅沢は羨ましい限りですが、タオルくらいなら私にも真似が出来そうです。
 お客様曰く「これまで選んだどのクロスも、変化に富んでいて観ているだけでも楽しい」。変化に富んで楽しいのはクロスだけではなく、クロスを使っている時のお部屋もそうだろうと思います。Ekelundは上質で存在感のある織物なので、それがあるだけでその場所の雰囲気が変わります。存在感があり長く使えるとなると、じっくり選びたいものです。選ぶ場所に変化をつけたい時は、表参道店と軽井沢店をご利用ください。同じものを両方で見比べる事も出来ます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。