Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気持ち悪い!?

2009052510150000.jpg

 Lord店内で確認できる天秤の数に関して、店頭で私がお答えしたり、たまに日記へ書く数が異常に水増しされているのではないかというご指摘を年に何回かいただきます。数は絶えず変化していますが、数値はいつも正確です。写真の正義の女神像は親指の先ほども無いとても小さな物ですが、彼女が右手に持つ1cmにも満たない天秤も「1つ」です。説明すると何故か「ずるい!」と言われますが、これが最小です。雨の休日や待合わせなどで時間を持て余してしょうがないという時にでも、数えてみてください。ちなみに本日は13個です。
 先日も書いたように、今年は表参道店と軽井沢店を行ったり来たりしています。エーケルンドの商品をお探しのお客様が、日曜日に軽井沢で私から「そのお品物は今表参道でご覧いただけます」と言われ、水曜日に表参道店に観に行ったら私が「こちらですね」と現れ、また別の商品を「そちらは今軽井沢店にあります」と言われ、週末軽井沢店に寄ってみたらまた私が現れ・・・。これ実際にあった話で、「一々説明しなくていいから便利でしょ?」と伺うと「ついて来てるみたいで気持ち悪い!」と言われてしまいました。
 もちろん仰っていただければ、総ての商品はどちらの店舗でもご覧いただけます。ただ毎週末を軽井沢で過される方の多くは「来週までに御取り寄せしておきましょうか?」と伺うと、「見に行くから大丈夫」ということで表参道に足を運んで下さいます。皆様お忙しい中わざわざ御来店下さるということは、その商品との出会いを相当楽しみにしておられるのだろうと思います。もちろん表参道でのお買い物やお食事などが大きな楽しみで、Lordのエーケルンドは小さいながらもその一部分であろかと推察されます。
 生活にメリハリをつけて、ウィークデーは東京で仕事や都市での生活を楽しみ、週末は軽井沢の自然に囲まれた別荘でのんびり過すというライフパターンは、本当に理想的で羨ましい限りです。そう考えると確かに、そのどちらのシーンにも私がボーッとした同じ顔で現れるというのは、あまり好ましいことではないかもしれません。現れることはお仕事なので許していただくとして、現れ方や雰囲気・装いといったものは充分に考える必要がありそうです。ただ余りやり過ぎると、また違った意味で「気持ち悪い!」と言われそうなので、ほどほどにしておこうと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

変化

2009052310350000.jpg

 4月下旬にLord軽井沢店が2009年の営業を開始してから、初めての快晴の土曜日です。ずっと週末は気温が低く雨でした。本日は朝から虫や鳥の声が賑やかで、湿度も低くカラッとした気持ちの好い休日です。週末毎に両親と東京から来る小学生が、おもいっきり自転車で走り回れると喜んでいました。通勤途中には画材を抱えた人たちや、ハイキングに向かう人たちとすれ違いました。お天気一つで、高原の雰囲気はガラリと変ります。
 お客様から「今年の軽井沢は違いますか?」と、毎日のように質問をいただきます。この国の経済の現状、高速道路の割引、新型インフルエンザなど、どれをとっても一年前には想像もつかなかったことですから、それら総てを踏まえての問いかと思います。一日の殆どの時間をLord店内で過す私に外の事を語る資格はありませんが、この中にいる限りなんら例年と変わりなく、いつものゆったりとした保養地の時間が流れて行きます。
 今年は業務の都合上、東京と軽井沢の往復が頻繁で往ったり来たりを繰り返していますので、軽井沢で生活しているという感覚は希薄です。そんな中でボーッとした私が気付くのは、善光寺の御開帳の影響で新幹線が例年より混雑しているということと、東京と軽井沢の気温差がいつもの年以上だということ位でしょうか。東京に着くと汗が噴き出し、軽井沢に着くと全身が縮みます。これが身体にとって良いのか悪いのかは判りませんが、自律神経が機能しているのは確かなようです。
 日々絶えず変化を繰り返す大都市に対して、長い時間をかけてゆっくりと変化するのが軽井沢のような保養地ではないでしょうか。変っていないように感じても、長いスパンで検証すれば変っています。変らないのではなく、変化の速度が著しく遅い。もし今年目に見えて変っているものがあるとしたら、それは来年も再来年も変わっているだろうと思います。そして時間とともに淘汰されていく。都市と保養地を行き来していると、ゆっくり変化することに日々費やされるエネルギーと、絶えず繰り返される早い変化に必要なエネルギーが、等価であるということに気付きます。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2009011712190000.jpg

 明日5月21日(木曜日)、軽井沢店はお休みさせていただきます。表参道店は通常通り営業致しております。

 軽井沢店の店内は時々ちょっと眩しいかなと感じるくらい明るく、年に何度かもう少し照度を落とそうかという議論が繰り返されます。ただ本日はそんな明るい店内が暗く感じてしまうほど外がテカテカで、こんなに眩しい日はそんなに記憶がありません。思わずお日様が壊れたかなと外へ出て確かめようとしましたが、眩しくて空を見上げる事さえ憚られます。お洒落や変装のためだけではなく眼の保護という観点からも、サングラスが必携の一日かと思います。
 標高1000mの高原は紫外線が強いので、肌への攻撃も強烈です。大きな帽子を被り、少々暑くても長袖のブラウスに白い手袋、踝まである長いスカートとサンダルの足元にはソックス、肩から上は帽子の鍔から垂れる淡い布で覆われ隙間からのぞく顔には大きなサングラス・・・。紫外線と戦う際の鎧は、時代と民族を跨いだ不思議さと避暑地特有の雰囲気の漂う装いです。「怪しいでしょ!」と布越しに聞こえてくる覚えのある声にお客様を確認しますが、高貴な方との会話を連想してしまいます(本当に高貴な方かもしれませんが・・・)。
 布一枚通しただけで、同じ会話でも趣が大きく変るように感じることがあります。これは布に限らず話者同士の視線を遮るものであれば、何でも同様なようです。映画やドラマなどで、教会の懺悔室や将軍様の寝床に何か伝えられるシーンになると決ってドキドキします。間の仕切りを取ってしまえば、言っている事は何てこと無いのですが、駕籠の内と外の会話など何を言っていても意味深に感じてしまいます。布一枚といえども恐るべしです。
 通勤時間帯の駅の階段を降りて来る誰もが白いマスクをしているニュース映像を見ていて、ふと遠い昔に観たSF映画を思い出しました。興奮気味に現場の様子を伝える記者の声もマスク越しです。その背後に目に見えない得体の知れぬ恐怖も薄っすら見え隠れはしますが、定かではありません。かつてはさして興味を感じることの無かった布ですが、最近事あるごとにその存在を意識し、あれこれ捏ねている自分に気付きます。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2.5倍

2009051914400000.jpg

 今年も軽井沢店は『のんびり、ゆったり』をモットーに営業しています。尤もこの『のんびり、ゆったり』は、軽井沢店だけではなくLord全体の社風?いや傾向?いやいや・・・?とにかくいつの間にか出来上がった癖のようなものです。書店に山積みされている『できる男の×××』『できる女の△△△』といった書籍の内容と縁の無いボーッとしたメンバーだけで構成されている組織ですから、社内の辞書にバリバリ・シャキシャキの文字はありません。
 したがって『のんびり、ゆったり』しか出来ないというのが本当のところで、これは決して偉そうに言えることではなく、お客様や取引先の皆様方にはただひたすら御謝りする次第です。今シーズン初めて御来店いただき一通り店内を見て回られたお客様から、「今年のコンセプトは?」と尋ねられ「のんびり、ゆったりです!」とお応えし、「いつものんびりゆったりしてるけど・・・」「いや、もっと・・・」といったやり取りは、4月以来さっきで4度目です。
 『のんびりゆったり』はモットーにしなくてもどうやら既にそこにあるようなので、この期に及んでいま密かに新しいテーマを考えています。無くても特に支障はありませんし営業は普通に続きますが、視察・偵察や取材の方からは必ず訊かれますのであった方が何かと便利です。また即座にお応えすると「何も考えてないようでちゃんと考えてるんだ!」と、ちょっとほろ苦い評価もしていただけるので必要かと思います。
 で、新しいテーマはのんびり考えるとして、今年の軽井沢店です。ソファが増え、座っていただける方の数が昨年の2.5倍になりました。思いっきり身体を伸ばして寝転べます!(あまりお客様には関係無いでしょうが…)。また店内でご覧いただけるエーケルンド製品の数が、2.5倍になりました(この2.5という数字に特に意味はありません)。店内の面積が拡がった訳でも商品の数が減った訳でもありませんが、ゆったり感は昨年以上・・・だと思います。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新緑の頃

2009050210380000.jpg

 勝手に4ヵ月のお休みをいただいて、本日からLordの日記の再スタートです。軽井沢は、昨日までの冷たい雨が何日も前の事のように思われる、カラッとした好いお天気です。昨日はお客様も私も分厚いコートを羽織り、どこへ行っても暖房がフル稼働していました。現在店内では冷房が稼動し、通りを歩く人の多くは半袖のシャツ姿です。窓から通りを眺め昨日の事を考えていると、遠い昔の事を思い出しているような感覚を覚えます。
 脳内の記憶は実際の出来事のように時系列で収納されている訳ではないでしょうから、記憶の呼び出しに昨日も遠い昔も本当はあまり関係無さそうです。記憶しているかいないか、すぐ呼び出せるか否かの違いに、私の場合時間の関与は(全くとは言いませんが)殆ど無いようです。もっとも自分の携帯電話の番号どころか自宅の電話番号さえ覚えられない程度の記憶力ですから、議論の対象にもなりませんが・・・。
 半年ぶりに御来店のお客様から、「あれ?ここにあった△△△は?」とか「これ今年のニューモデルね」などとご指摘をいただく度に、その記憶力に感嘆しオロオロしています。軽井沢店は冬の間約5ヶ月のお休みをいただきますので、表参道店などでは考えられない時間の断絶を経験することになります。毎年4月の軽井沢店の開店準備は、繋がっているような全く新しい事を始めるような複雑な気持ちの中で始まります。
 日々軽井沢の目まぐるしい天候とお客様に鍛えられ?、軽井沢店がようやくLord軽井沢店らしくなるなるのはいつもこの時期です。ふと気付くと新緑が眩しく、軽井沢が一年で一番美しく心地好く感じられる僅か2週間弱のこの頃です。お時間のある方はぜひ一度足をお運び下さい。お天気が好く人影もまばらな平日が特にお勧めです。高原特有の鮮やかな新緑と眩しい陽射しが脳を刺激したのか、軽井沢店の記憶がムクムクと蘇って来ています。
未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。