Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

全開

2009053110150000.jpg

 軽井沢店前の通りを、ルーフを取っ払ったオープンカーが駆け抜けて行きます。Lordの前はちょうど長い直線なので、停車している車さえ無ければ、思う存分アクセルを踏むことが出来ます。四季がはっきりし雨の多いこの国では、カブリオレやロードスター等のオープン・ボディーの車を所有していても、屋根無しで走れる日はほんの数えるほどしかありません。高原では特にそうです。今日は日頃のそんな鬱憤を晴らすかのような、勢いのよい車を何台も見かけます。
 アクセルよりエコ全開の時代ですから、「高原でアクセル踏むな!」とお叱りの声が聞こえて来そうです。天気予報では「梅雨入り」といった言葉も聞かれるようになり、こんな爽やかな日もそう続かないでしょう。今年は春から雨の日が多く、高原にいると「もう梅雨?」と感じることがしばしばありました。梅雨までの束の間の爽やかを満喫するかのように、本日はオープンカーに限らず自転車も徒歩も全開状態で通りを行き来しています。
 そんな街の様子を眺めながら山のように積み上がった(比喩ではなく実際に頭の高さを超えています)業務に追われる私に高原の束の間の爽やかさなど無縁で、全開といえば精々欠伸の度に大きく開く口と、ズボンのチャック位でしょうか(もちろん常時全開ではありません)。そんな訳で、お客様が「今日は気持ち好いね!」と入って来られた時、「こんにちは」と高原の爽やかさそのままにお迎えするのは私にとっては至難の業と言えます。
 それをそつ無くこなすスタッフを見ていると「こいつ大丈夫か?」と逆に心配になったりもしますが、もちろんそれではいけません。清涼飲料水のCM撮影現場を見ていた私が「この環境であの爽やかな顔が出来る・・・」と呟くと、隣にいた広告代理店の社員が「プロですから」と素っ気無く答えました。不器用で演じる事が不可能な私に残された道はただ1つ、そう本当に爽やかな気分になるしかありません。その為にはこの日記を書き終えたら先ず、この寝癖を何とかするところから始めます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。