Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

20060923164305
 遊び学ぶ居心地の良い空間において、音は大切な要素です。Lordでは店内の音をPassiveとActiveに区別し、それぞれを『パス』『アック』とよびコントロールしています。軽井沢店のドアを開放し店内の音楽を消すと、実に様々な音が聞えてきます。途切れなく続く車やバイクの音、近隣の店舗が店頭で流す音楽や呼込みの声、人の話し声や笑い声、子供たちの叫び声、犬の鳴き声etc.本通りに面する当店において、鳥・虫の声や木々の騒めきを聴くことはまず出来ません。外のこれらの音が店内に流れ込むと『パス』です。
 『パス』をある程度コントロールするために、ドアを閉めます。外との繋がりを保つ為に、完全には遮音しません。これに対して、店内のスタッフが意図的に流す音楽が『アック』です。『アック』の役割は『パス』を消すことの他、空間に立体感を持たせ、流れとリズムを創り、適度な緊張と集中を創出し・・・と書けばキリがありません。『パス』を消すことだけが消極的な役割で、あとはLordの提案する空間創り上の積極的な役割であるといえます。
 Lordでは店内の雰囲気作りや購買意欲の高揚が、音楽の役割ではありません。よく「いつもモーツァルトですね」と言われますが、モーツァルト7・バッハ2・その他1です。一日の内1時間はその他です。「パス」や天候との関係で、ボリュームは一日中こまめに動かしています。Lordの音を知りたいと、都内のセレクトショップのオーナー夫妻が終日(なんと10時間!)店内におられたことがあります。夕方、奥様から「お客様の声は『パス』か『アック』か?」と質問されました。Lordではお客様の声も含めて店内の音はすべて『アック』と捉えています。今朝、荷物発送の為バリバリ音をたて荷造りをしていたら、「あなた煩いわよ!」とお客様に叱られてしまいました。反省。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<軽井沢の再会 | HOME | 暮れの贈り物>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。