Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガラス

20061108134527
☆明日11月9日(木)終日と10(金)の午前中は、お休みさせていだだきます。

 昨日の強風で、Lord軽井沢店が入っているビル3階のバルコニーの窓が割れました。強烈な台風にも耐えてきた窓ですから、昨日の風はそれだけ凄まじかったということでしょう。夕方になると気温は下がり、帰宅時には1度でした。まあるいお月さまがくっきりと、とても明るくきれいでした。気温がその後も下がったであろうことは、朝出勤時に見た氷が物語っています。
 寒さに弱いので気温が氷点下になると、急に無口になり、動きも緩慢になります。何も喋らずほとんど動かない、動物園のコアラ状態です。もちろん彼等のように可愛くはないですが。ガラスの割れた部屋は現在空き部屋だそうで、ガラスの無い部屋で過酷な一晩を過ごす住人が出なかった事は不幸中の幸いでした。いつも暖房の効いた店内からガラス越しに街の様子を眺めているので、ガラス一枚の有り難みは十分承知しています。
 ガラスの箱に入って外に出たいところですが、そういう訳にもいきません。小さい頃、ガラスは私にとって最も不思議な物質でした。コンクリートや石や木は向こうが見えないのに、ガラスはどうして見えるのだろう。磨りガラスは向こうが見えないのに、セロテープを貼るとどうして見えるようになるんだろう。ガラスはどうして簡単に割れるのだろうと。小中高と進むにつれそれらの謎は解決しましたが、ガラスに対する興味は今も尽きません。
 軽井沢は高原の避暑地ということもあり、別荘を見ると木の良さや美しさを活かした建物が多いようです。ログキャビンからマナーハウス風のものまで、住む人の思想・哲学が込められた建物を観るのはとても楽しいです。かつてはその多くが夏の家だったのですが、今は一年中使えるしっかりした建物が増えています。設計の随所に、湿度や厳しい冬に対する配慮がみられます。そんな中でガラスを効果的に使った建物に出会うと嬉しくなります。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<ラストスパート | HOME | ブロッター>>

この記事のコメント

 昨日はこちらも凄い風。 異常気象で台風以外にも風雨が強い日があり、怖いです。

 今日ランチのあとで行った渋谷のサンマルクの歩道側の席は、地面と同じ高さのガラス戸で多分蛇腹式に全開するとおもいます。

 ブレストンコートのメインカフェのようになるのでしょう。 ガラスを良く見たら網入りでした。 ガラスの幅は狭く、強度はかなりありそうです。

 こんなガラス戸が自分の家のテラスに欲しいと思いました。
2006-11-08 Wed 14:41 | URL | 六とんぼ #-[ 編集]
凄い風だったのですね。北海道でも竜巻の被害がありましたしね。東京は寒いと行ってもまだまだ日中は暑いぐらいの時もあります。
私も寒いのは苦手ですが、冬らしい冬がちょっぴり恋しい今日この頃です。

ガラスってほんとに使い方によって素敵ですよね。
子供の頃に好奇心を強く抱き興味を持ったものは、違う形で大人になっても残ってくるんですね。
2006-11-08 Wed 21:34 | URL | アコ #-[ 編集]
今回の強風で壊れたガラスの扉を見て、軽井沢店のドアのガラスも少し頼りなく感じました。風には負けなくても、いろんなものが宙を舞っていましたのでそちらの方が怖かったです。

東京では冬らしい冬の期間が短いですよね。軽井沢で夏らしい夏の期間が短いように。今興味あるものはどれも、子供の頃とつながっています。あまり成長していないだけかもしれませんが。
2006-11-09 Thu 21:46 | URL | Lord Kaluizawa #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。