Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

帽子掛け

200701151404.jpg


 古いアメリカ映画を観ていて、どのカットにも何らかの形で帽子が出て来るのに気付きました。一旦気付いてしまうとそこからは、ストーリーよりも帽子だけを追い駆けてしまいます。衣装部門でオスカーを受賞した作品だけあり、次から次に登場する帽子はどれも素敵でとても印象に残りました。
 時代背景がそうさせたのか、監督の意図なのかは定かではありません。ニューヨークのビジネスマンがランチに集まる地下のレストランのシーンでは、テーブルごとに傍らにコート掛けが置かれ、真夏なのでどのコート掛けにも帽子だけが重ねていくつも引っ掛けられています。
 レストランが見渡せるカットになると、フロアのコート掛けが花を付けた植物のように見えおもしろおかしくもありました。主役の男女はシーンごとに衣装と帽子を替え、楽しませてくれます。何回か観た映画ですが、そのせいもあってか今回は帽子ばかり気になってしまいました。
 Lordにも絶えずいくつかの帽子があります。季節や時期によりその種類も様々ですが、現在は写真のアイルランド製のウールハットが人気のようです。お洒落で気軽に被れて暖かい、実用性の高い帽子です。近年は若い男性にも興味をもたれる方が多いようで、少し嬉しくもあります。この国の気軽に立ち寄れるカフェにも、もっと帽子掛けがあってもよいかと思います。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<スツール | HOME | 富士山>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。