Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ようやく

20060525160914
 軽井沢も新緑が眩しくなってきました。日当たりの差か、まだ葉っぱの少ない木の方が多いようです。とここまで書いて、このあと自然を愛する方からはお叱りをいただきそうな話題をひとつ。
 軽井沢のこの時期といえば、そう今週末はいよいよ『ジーロ・デ・軽井沢』が開催されます。土曜・日曜の二日間、軽井沢の広域を舞台に、1930~1970年代のヒストリックカーによるタイムラリーが繰り広げられます。高原の爽やかな風の中を、懐かしい音を奏でて駆け抜けるクラッシックカーに、道行くお洒落な老婦人が足を止め手を振られる姿は、軽井沢らしくてとても好きです。楽しみは名車ばかりではありません。運転席・助手席の紳士淑女の優雅なファッションも見逃せません。現在の車と比べると決して乗り心地の良いはずのない車内で、動いているだけでも奇跡のような車を操りタイムを競うドライバーと同乗者達は皆、笑顔で手を振り返してくれます。
 万平ホテルに集合した車は、スタート地点である軽井沢駅へ移動します。ロードからは、万平通りから本通りに出るために減速・一時停止し、左折後長い直線を加速していく車の姿と音が長い間楽しめます。ちょうど鈴鹿の最終コーナースタンドのメインスタンド寄りにからオープニング・ラップを観ている感じです。そういえば今週末は、モナコグランプリもありますね。車好きにはたまらない週末です。『ジーロ・デ・軽井沢』の詳細は明日のブログで紹介いたします。
軽井沢店主記事
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジーロ・デ・軽井沢 | HOME | 夏の贈り物>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。