Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今日のおさる

200706100954.jpg


 今朝、開店前に店舗の前で掃除をしていると、近隣のお店の人達が皆で私を指差し「サル!サル!」と叫んでいます。「いつの間にそんなあだ名付けられたんだ!?」と会釈を返し、掃除を続けようとすると「サル!サル!子連れ、後ろ、上!」。振り返ると背後に子連れ猿、見上げると木の上に大きな猿、何匹もの猿に取り囲まれているではありませんか。
 寝ぼけた私は何も気付かず、猿の中で掃除をしていたようです。猿からすれば取り囲んだわけではなく、突然私が割り込んで来て掃除を始めただけなのでしょうが。先日もお客様と、この頃あまり猿を見ないと話していたのですが、私が気付いていないだけなのかもしれません。猿も私も朝の忙しい時間帯であり、特に挨拶を交わすことも無く本日の業務に入りました。
 写真は判り難くて申し訳ありませんが、向かいのホテルの屋根に佇む母猿と子猿です。母猿は小さな子猿を抱え、屋根の角に立ちこちらをじっと見ています。その風情に違和感は無く、知らない人が見ると屋根の装飾だと思うかも知れません。雨が降り霧も出ているので全身濡れているのですが、雨宿りする気配も無くずっと動きません。この後霧はさらに深くなり、辺りの景色は色を失い視界は悪くなったのですが、母子猿のシルエットはずっとそこに在りました。
 霧が濃いとはいえ休日で車も多いので、急に道路を横断する猿を見てハラハラしています。ドライバーも慣れぬ道で、雨・霧・猿と神経を使い大変です。そんな事を考えながら外を見ていたら、頭上の電線を伝い道路を横断する猿がいます。ケーブルが濡れて滑るのか、途中何度も落ちそうになります。高原で刺激の少ない生活を送っているせいか、野生の営みさえもがとてもスリリングに感じられます。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<書きたい事がいっぱい | HOME | 現代の地図>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。