Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

予期せぬ発見

200706121316.jpg


 予期せぬ場所(時)に予期せぬものを発見し、嬉しくなったり感動する事があります。久し振りに手にした洋書のカバーを何の気なし外してみて、革張りの装丁に施された女神像の彫り込みをみつけ、10年間書斎を護ってくれていた女神の存在に気付いた時の喜びなどその典型と言えます。
 私の場合は些細な感動ばかりですが、発見のスケールが大きい場合その驚きも大きいかと思います。例えばナスカの地上絵を最初に見つけた人の感動は、想像しただけでワクワクします。先の女神像のようにスケールは小さくとも、小さな感動の積み重ねは書斎をスペクタクル空間に仕立てます。
 予期せぬ突然の発見が、喜びを伴わない場合もあります。美術館でのゴキブリとの出会いや、食物に混入した異物などは気分を台無しにしてくれます。「なんでこんな所にこんな物が!」という驚きは、いつも喜びや感動とともに味わいたいものです。
 感動を伴う予期せぬ発見は多くの場合、仕掛けからではなく偶然から生まれます。Lordの一つ一つのモノには、必ず小さな発見があります。次から次に発見を繰り返していると、空間自体にスペクタクル性を感じていただけるかと思います。ただそれぞれの発見に普遍性は無く、至って個人的な体験と言えます。したがって如何なる仕掛けも、余計なお世話でしかありません。
 見過ごしてしまいそうな目立たないお店にふらっと入り、簡素で地味な空間でそれぞれの発見を繰り返していただき、店を後にする時には「なんでこんな所にこんな店が!」と興奮気味に言っていただければ、私達スタッフは大喜びです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<木のシステム手帳 | HOME | 書きたい事がいっぱい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。