Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

200707231943.jpg


 自然を愛し自然の中で過ごすからには、山や川等の地形から動植物・天候などすべてを受け入れなければなりません。人が手を加えてしまうと、それはもう自然ではありませんから当然といえます。軽井沢で仕事をしていると、「自然の中でお仕事できていいですね」とよく言われます。
 確かに高原で都市部よりは草木が多く、雲に近い為かお天気も不安定で、動物も身近にいるようです。いるようですと書いたのは、実際に目にすることはあまりないのですが、たまに目撃したり話題に上る事があるからです。普段自然の中での生活を意識する事は、ほとんどありません。
 昔ボーイスカウトの経験もあるので自然との共存は得意かと思われがちですが、賛否はさて置き自分ではシティーボーイだと確信しています。お客様と軽井沢の自然に関するお話しをしていて、「自然の中は好きだけど、虫だけは勘弁して」とおしゃっる方が多いのに気付きます。
 私の場合、虫より熊の方が勘弁ですが、確かに日々生活している空間は、外気や虫などを完全にシャットアウトした自然とは隔離された場所です。都市での生活に慣れると、電灯に集まる虫たちがとても鬱陶しく感じられ、たとえ一匹でも駆除の対象となります。
 室内に迷い込んだ虫たちは、そっと捕まえ戸外に出してやります。出す為にドアや窓を開けると、ほんの一瞬のうちにその何倍もの虫が入って来ます。こうして一晩虫たちと戯れることになりますが、最初の一匹が何処からどのように侵入したのかは、いつも疑問です。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<食欲旺盛 | HOME | チェス・タロット・トランプ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。