Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

顔が引き締まる

200711231338.jpg


 「暖かい!」と入ってこられるお客様のホッとした表情を拝見する度に、私も一緒にホッとしています。厚いコート・帽子・手袋・マフラー・・・と皆様防寒対策は万全です。店内で一つ脱ぐ毎に表情も緩みます。お帰りの際は逆に、一つ着けるごとに表情が引き締まっていくのが分かります。外と店内の気温差が20℃以上ありますので、「南の楽園に来た様だ」というお客様の感想も強ち大袈裟とは言えません。
 真夏の一番暑い時期でも、記録を見る限り外と店内の気温差が7℃を越えた事はありません。標高1000mの高原では、夏の過ごしやすさの見返りとして冬の寒さは一層厳しくなります。かつては登山やスキー・スケートなどのウインタースポーツを楽しむ人以外は、冬の高原を訪れるという事も無かったかと思います。せいぜい山奥の温泉を訪れたくらいでしょうか。
 建物の機密性が高まり暖房器具等の発達した昨今、軽井沢の別荘は夏だけのものではなくなり、通年使う事が当たり前になってきています。冬の週末や、クリスマス・年末年始の休暇を軽井沢で過ごす別荘族も増えています。さすがに観光客の数は夏場ほどではないので、どこへ行っても落ち着いて過ごせそうな気がします。それに呼応して、一年を通して営業するお店も増えています。
 建物内の暖かさはTシャツ一枚でも大丈夫になりましたが、外の厳しい寒さは変りません。建物の中は南の楽園でも、建物間の移動は夏のようにのんびりという訳にはいきません。私の場合も楽園でのほほんと10時間以上を過ごし、20℃以上時には30℃近い温度差の中、帰宅する際は心も顔も引き締まります。そんな中、毎日ご来店下さるお客様には心から感謝しています。お客様のホッされた表情に私も安堵し、引き締まる表情を拝見すると私の表情も自ずとも引き締まります。
 もちろんこれは条件反射ではなく、感謝の気持ちの現れです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<12月の営業予定(軽井沢店) | HOME | 不可視>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。