Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

機能集約

200801141219.jpg


 発車のベルに背中を押され駆け込んだ電車が、なかなか動きません。「もしかして…」とにわかに静まる車内。ほどなく「○○駅で人身事故が発生した為、この電車はしばらくこの駅に停車します」とのアナウンス。ため息と同時に乗客は一斉に携帯電話を取り出します。その中身は定かではありませんが、「人身事故による遅れ」という表現に触れぬ日は無いのではないでしょうか。そしてその後に車内で展開される見慣れた光景。
 重要な約束の相手に電話をかける人、遅れる旨をメールで知らせる人、代替交通機関を調べる人等、取り出した携帯電話の使われ方は様々です。連絡や事態の打開が終われば、後は腹を決めて時間潰しですが、ここでもケータイは役に立つようです。事故の情報を集める人、ニュースを読む人、音楽を聴く人、ゲームを始める人、テレビを観る人…すべて取り出したケータイで行われます。つい何年か前までは考えられなかった光景です。
 私も周囲の皆さんとほぼ同時にケータイを取り出すと、緊急事態をスタッフにメールで送信し約束相手への連絡を依頼しました。後はじたばたしてもしょうがないので、鞄から本を取り出し読書の時間です。こういう時の為もあって、鞄には常に何冊かの本が入っています。新聞も本もテレビのニュースもケータイ一台あれば済む時代なのに、重い鞄にさらに重い余分な本を入れて歩くのは無駄なエネルギーを使っているような気がします。
 電車の乗り降りからコインロッカーの鍵、お財布・クレジットカード・新聞・雑誌・テレビ・本や辞書・オーディオ・カメラ・アドレス帳・ゲーム機・地図・PC…etc.ケータイ一つでかなり身軽になれます。かつてよく切符が見つからず、改札口で総てのポケットに手を突っ込んで探していた頃が嘘のような時代です。ケータイひとつで外出できますが、切符のようにケータイが見つからないと…と考えると眠れなくなり、相変らず重い鞄を持ち歩きリスクを分散している私は、絶滅危惧種なのかもしれません。もちろん誰も危惧しませんが。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<製造過程 | HOME | 自由度>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。