Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

六月といえば

20060614143010
 ご存じのように、軽井沢には教会がたくさんあります。Lordから比較的近く、いま思い付くだけでも17ヵ所あります。ここが日本であり、人口一万八千人余りの地方の町であることを考えると、かなりの密度であるといえます。
 保養休養地軽井沢の発見者であるカナダ人のA.C.ショー氏が宣教師であり、明治19年に避暑した後にその良さを友人の宣教師達に伝えたそうです。その後宣教師達の勧誘で外国人が数多く訪れるようになり、教会の数が増えていったそうです。
 町の目抜き通りを歩いていて気付くのは、ウエディングショツプの多さです。その数は今も年々増えています。軽井沢の教会での結婚式は、相変わらず人気のようです。各教会はブライダルプランを用意し、人気のある教会は予約が取りにくいそうです。
 東京では昔からあった大規模な結婚式場が、何時の間にかタワーマンションになっていたりしています。派手な披露宴が敬遠されているということもあるのでしょう。軽井沢という地名が昔ほどのステータスを持たなくなった現在、カップルがこの地の教会挙式に求めるものは、純粋な夢とロマンでしょうか。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<窓越しの天秤 | HOME | ざ・軽井沢>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。