Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

あやかる

2008051410380000.jpg


 普段私が縁起はかつがない等と書いている事もあってか、「Lordに招き猫があるのは意外だ」というご指摘を時々耳にします。今朝も「意外ですね」「可愛いでしょ?」「そっちのほうですか?」「そっちのほうです(笑)」という会話がありました。実はこの招き猫、今年の一月に結婚されたお客様がLordに引き出物のご用命を下さり、その際にプレゼントとしていただいたものです。幸せ一杯の若いお二人にあやかろうと、いつも私の立位置のすぐ後ろに並んでいます。
 『あやかる』を広辞苑で見ると、「感化されて似る。物に感じてそれと同じようになる。特に、しあわせな人に似て自分も幸福を得る。」とあります。なかなかいい言葉です。短絡的な私は、魅力的な人に感化されて魅力的になろう、美を感じ美しくなろう、しあわせな人に似て幸せになろうと、思わず力が入ってしまいます。「美しくなる本」「幸せになる本」「成功する本」等を例に出すまでもなく、事はそう単純には進まないのでしょうが、そういう気持を持つことはよい事かと思います。
 昨今、『あやかる』の消極的援用とも思える忌避や排除の発想に触れる機会が多く、その度に虐めや差別などと同質の不快感を感じます。そもそも、歪な忌避や排除の結果として美が現れるということ自体が大変な論理矛盾を内包している訳で、お気付きの方も多いかと思います。ここは無責任な発言を単純にスルーして、短絡的かつ積極的に大いにあやからせていただくのが正解かと思います。かつて友人に『あやかり隊』の隊長を自称する者がいましたが、彼は今どうなっているのでしょうか。
 実証的な効果はさて置き、Lordの店内はあやかりたい物ばかりです。「成功」や「お金」とは縁が無いかもしれませんが、「美」と「幸福」を追い求めている方にはお役に立つセレクトです。Lordの品物と一緒にいるだけで、いつかは美しくそして幸せになれます。「いつも店内にいるお前が美しくない」「お前は一向に美しくならない」と言われれば返す言葉もございませんが、私も修行中ということでご理解いただければ幸いです。この一文が詐欺商法や誇大広告でないことは、すでにお買い物をして下さった皆様が証明してくださるかと思います。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<金属の塊 | HOME | 最初の記憶>>

この記事のコメント

そうなんです!Lordに一歩踏み込むと幸せな世界なんですよね学生時代にさんざん弾いて、苦手だった思い出で普段は弾きたくないモーツァルトも何故かLordに行った後は弾きたくなります。なので、我が家のリビングの三方向にはエーケルンドを飾って幸せな?お部屋作りにしてます♪
2008-05-14 Wed 22:18 | URL | ちあき #-[ 編集]
早速の心強い証言(?)ありがとうございます!エーケルンドで囲まれたリビングに流れるモーツァルトの調べ…、幸せに包まれた御家族の様子が目に浮かびます。ぜひあやからせていただきたいです。
2008-05-15 Thu 11:25 | URL | Lord Karuizawa #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。