Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

一日の始まり

2008061610230000.jpg


 「早起きは三文の徳」「The esrly bird catches the worm」等の諺があるところから推察するに、昔から洋の東西を問わず早起きは奨励されていたようです。いつの時代も皆が普通にそう行動していたなら語り継がれる事も無かったでしょうから、そう行動しない或いは考えない人たちの存在は常にあったのでしょう。社会が変化し世界の都市やマーケットが眠らなくなった現状から考えると、20年後この国でこの諺を使う若者がいるかどうかは疑問です。
 20年後を考えなくても現在すでに、都市部の若者達の会話に「早起きは三文の徳」といった諺は出てこないのではないでしょうか。自然の多い田舎で生活していると、人々の一日は日の出とともに始まり日没とともに終るのを感じます。都市での不規則な生活に慣れた私には、朝も夜も早過ぎます。年間で最も昼が長いこの時期は、特にそう実感します。ただ最近は、自然のリズムに支配された生活が、人間本来の効率的な生活パターンなのだろうと確信しています。
 軽井沢店の通常の営業時間は10:00~20:00です。時期や曜日によって長くなることはありますが、短くなる事はありません。この町の生活時間で考えると10:00開店は遅く、20:00閉店もかなり遅いといえます。これはLordのお客様の多くが都市部などから来られる方で、町の生活時間帯とお客様の行動時間を摺り合せて決められたもので、旧軽井沢界隈で一般的という訳ではありません。お店にも業態や取扱商品・立地などにより、朝型・昼型・夜型といった傾向があります。
 Lordは午後から夜にかけて賑いますので、朝型ではないかもしれません。最近感じるのですが、私の脳は朝が一番効率的に働いているようです(と言っても私の脳ですからその働きもしれてますが…)。思考の回転度合いは朝昼夜そんなに変わらないのですが、朝は限られた脳の力を上手に使っているというイメージでしょうか。この年になってようやくそんな事に気付くなんて、今までいかに何も考えてなかったかを証明するようで恥ずかしい限りです。軽井沢での生活がなければ、一生気付かなかったかもしれない野生のリズムです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小道具 | HOME | 明日は父の日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。