Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

至福の時

2008070810160000.jpg


 「紅茶派ですか?」・・・軽井沢店の店内には、いつもビューリーズの紅茶缶が並んでいるせいか、お客様からよく尋ねられます。紅茶派があるとしたら、対立派閥(?)は珈琲派ということでしょうか。緑茶派や中国茶派という表現はあまり聞きませんが、身近な若い人達を見る限り緑茶・中国茶も結構人気があるようです。緑茶なども同じお茶葉ですから、お茶(葉)派と珈琲(豆)派といったところでしょうか。
 私はどちらも好きで、毎日必ずがぶがぶ飲んでいます。珈琲は濃いものに何も入れずに飲みます。アメリカンローストの薄いものや、ミルクや砂糖が入ったものは飲みません。それに対して紅茶は、ミルクティーにお砂糖を入れていただきます。ミルクも砂糖も多めが好きです。珈琲も紅茶も飲み方のバリエーションよりシンプルな美味しさを重視するので、最近では飲む場所も限られてきます。
 美味しさは主観的なものですから自分で淹れたものが一番美味しく、心を込めて淹れてもらったものはいつも美味しく感じます。ささやかな日常を送る私にとって、居心地の好い空間で美味しい珈琲や紅茶の香りに包まれ、お気に入りの人や本と過す時間は至福の極みです。この話をお客様としていたら、「お茶の時間を過すとして『居心地の好い空間』と『美味しい珈琲・紅茶』のどちらかしか適えられないとしたらどっちを選ぶ?」と意地悪(?)な選択を迫られました。両方は無しだそうです。
 私は『お茶の時間』であれば、迷わず『美味しい珈琲・紅茶』を選びます。欧州の通行人がテーブルにぶつかって行くような街頭のカフェで、埃っぽい喧騒と雑踏の中で無造作に出された珈琲が美味しくて、とても幸せな気分になる事があります。お金と時間をかけて居心地好く作られた贅沢な空間で、珈琲・紅茶にがっかりして悲しい気分になり早々に席を立つこともあります。
 私に究極(?)の選択を迫ったお客様は、私とは全く正反対に考えるそうです。対極の発想をする方とのお話は楽しく、お茶と空間に関する議論は途中他のお客様も巻き込み、一時間近くも盛り上がってしまいました。ダンボールが積み上がった軽井沢店のバックヤードで、立ったままマグカップ片手に箱にもたれ、「今日の日記は何を書こうかな?」等と考える時間が好きです。本当は積み上がった箱を見て、焦らなければいけないはずなのですが・・・。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<真夏の足音 | HOME | 水溜り>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。