Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ありがとう

20060624233042
 何かに感動した瞬間に、美しいと表現してしまいます。私の場合『感動』は常に『美』と繋がっているようです。感動することが私的行為であり、美的感覚もいたって主観的なものであることを考えると、時として私の「美しい!」という表現に、違和感を覚える方もいるであろうと思います。
 同じものに対するお客様の感動表現も様々で、毎日楽しませていただいております。例えばアリスのチェスセット。「かわいいー!」「素敵!」「マジ、ヤバいよ、これ!」「信じられなーい!」から「しぶい!」まで、全部気に入っていただいた時の表現です。
 W杯を観戦して、毎晩感動しています。人から人へパスが繋がり、糸を引くようにゴールに突き刺さるシュート。このボールの流れは、とても美しいと思います。ドリブルもしかり。ドリブル・パス・シュートの一連の繋がりを、芸術的と表現する時、それは技術に対する表現ではなく、球の動きに対する賛辞だと思います。
 球だけを追いかけて観ていると、チームや選手の個性、そして個人の自主性、創意、仕掛けの工夫といったものがよく見えます。強いチームの球は、本当に美しく動きます。トッププレイヤーは、球を美しく動かします。最初にこの球の動きの美しさを教えてくれたのは、ブラジルの10番ジーコでした。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<Chess | HOME | 事情説明>>

この記事のコメント

お店にある万華鏡の画像だそうです。
きれーだー。
2006-06-25 Sun 00:51 | URL | 67 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。