Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

湿度対策

2008102215350000.jpg

 お客様や同じ様に店舗を営む方などから、湿度の高い軽井沢での商品管理に関してのご質問をよくいただきます。建物の構造やエアコンの性能が進歩した現在、都市生活において湿度対策というのはあまり意識しなくなりました。広い別荘の庭一面を覆う美しい苔と幻想的な霧は、高原の湿度の高さの証明です。軽井沢店において湿度対策が重要であることは確かです。
 通年毎日生活している空間ではさして問題にもならないのでしょうが、たまに利用する別荘となると話は別です。「久しぶりに来たら壁一面カビだらけだった」というお話を、これまでにも何度か伺いました。同じ高原でも、立地による条件の違いや建築物の設計上の違いもあります。幸い私の住んでいる所と軽井沢店はどちらにも恵まれているようですが、湿度対策は怠りません。
 お気付きの方も多いかと思いますが、軽井沢店では常に除湿機が稼働しています。4月に営業を開始すると11月に閉店するまで、除湿機が完全に停止することは余程の事情がない限りありません。営業時間中だけでなく閉店後もお休みの日も、常に店内の湿度は一定です。除湿機のスイッチは、4月の開店準備開始と同時に入り、11月下旬に閉店後の後片付けが終了し総ての商品と什器類が運び出された段階で切られます。
 自然の素材を使って世界の湿度の低い地域で作られた製品を特有な湿気から守り、均一の状態でお届けする為にはそれも必要なことと考えています。「電気を使った除湿はエコでない」というご指摘をいただくこともあります。その通りなのかもしれません。苔庭も霧もLordに並ぶ商品も好きです。斯くして今日も湿気との目に見えない戦いは続きます。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ご感想をお聞かせ下さい | HOME | 強制終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。