Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大切な贈り物

2008121511580000.jpg

 街を歩いていると、幾つもの紙袋をぶら提げた人たちとすれ違います。宅配制度の発達のおかげか、昔のように大きな包みを抱えた人を見かけることは少なくなりましたが、この時期の街は様々な柄とサイズの袋や包みが行き交います。宗教的背景とは無関係なこの国のクリスマスは、消費という形で盛り上がりますので、街の賑わいにも一種独特な雰囲気があります。
 無背景に消費で盛り上がるイベントはクリスマスに限らず、飾り付けの一部と文字を少し変えては一年中繰り返されるお祭りに、私の周りの人達は少々飽きてしまっているようです。背景が無い上に目的が同じで送り手も変らない訳ですから、それも当然なのかもしれません。もともとピントの外れていた私からすれば、一緒に遊んで(過して)くれる仲間が増えてちょっと嬉しくもありますが。
 大切なプレゼントは、贈るのも贈られるのも嬉しいものです。包みを開ける時のドキドキ感と開けた時の驚きなどは、子供の頃から変っていないような気がします。相手を喜ばせたり驚かせようとプレゼントを選ぶ時のワクワク感も同じです。ただ大人になり歳を重ねると、前者より後者のワクワク感の方がより大きくなってきているようです。ものぐさな私が手間を厭わない、数少ない時間かもしれません。
 街を行き交う袋や包みの一つ一つに、贈る人のワクワクが詰め込まれ、贈られる人のドキドキとビックリが待っています。この時期の表参道は、ワクワク・ドキドキ・ビックリで溢れています。ワクワク・ドキドキ・ビックリに質量があれば道は陥没し、体積があれば人は押し潰され、音があれば声や車の音など聴き取る事は不可能でしょう。どんな雑踏の中でも、人にはぶつかっても大切な贈り物にはぶつからないよう、ヒラリヒラリと歩いている自分に気付きます。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<寄り道 | HOME | 映像記憶>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。