Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

傾斜

2009061212440000.jpg

 軽井沢店の前の通りを、自転車が連なって駆け抜けて行きます。陽射しは強いのですが高原の風は心地好く、ちょっとスピードを出して走っていると、ずっとこのまま走っていたいと思います。普段の生活ではあまり自転車に乗らない人も、高原ではレンタサイクルなどを利用して気軽に移動することが出来ます。きれいな空気を吸い込みながら適度の運動にもなりますから、それだけで高原に来た元は取れそうです。
 Lordの前の通りは、旧軽井沢に向かってなだらかな登り坂です。実はこれ、お客様とお話していても気付いてない方が多いようです。私も当初は気付いていませんでした。排水能力を超える大雨で前の通りに水が溢れ川のようになる時、車道を駅方向に向かって流れる雨水の勢いは傾斜が想像以上であることを教えてくれます。カヌーやゴムボートがあれば、ちょっとした急流下りが楽しめそうな勢いです(若干大袈裟かもしれませんが・・・)。
 自転車で軽井沢駅から旧軽井沢に向かうと、絶えずペダルを漕がねばなりません。一気に駆け抜けると、結構足にきます。その逆方向、すなわち旧軽から駅に向かう時はシャカリキに漕ぐ必要も無く、その気になればかなりのスピードであっという間に到着してしまいます。冒頭の、連なって駆け抜ける自転車のほとんどは、駅方向へ向かっています。一方旧軽方面へ向かう自転車の多くは、お店などを見ながらゆっくりのんびりと通り過ぎて行きます。
 生活していてもちょっと見は気付かない、なだらかな傾斜です。車を利用したり歩いている時にはそんなに意識しなくても、自転車で走ってみて土地の起伏の多さや傾斜の大きさに気付いたりすることはたまにあります。そういえばお客様に、地形図や水平器を常に持ち歩く自称坂道オタクという方がいらっしゃいます。自然・建造物に関わらず、傾斜と高低差が堪らないそうです。傾斜と高低差の世界?は知らないことだらけで、私がお話を理解出来ているかどうかは怪しいのですが、小さな頃から坂道は大好きです。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<実践 | HOME | 黴雨>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。