Lordの日記

遊び学ぶ居心地の良い空間創りがLordのテーマです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

昆虫

20060724142110
 毎年この時期、虫籠を持った男の子たちが、カブト虫やクワガタ虫を誇らしげに見せてくれます。「どこで捕まえたの?」「お店だよ!」と、二人に一人は買ってもらっているようですが、もちろん軽井沢では捕まえることも出来ます。今年は強い雨が続いているため、まだ夏の昆虫を見ていません。
 昔は籠の中で飼って、死んだら防腐処理の後標本にして、9月に夏休みの作品として提出していました。誰にも負けない標本を作るためには、珍しく・美しく・大きい虫を捕獲することです。百科事典などで情報を集め、くそ暑い中、ジメジメして気持ちの悪い林に入ります。擦り傷だらけになり虫にも刺され、蛇に出会ったりおじさんに怒られたり恐いめにも遭いながら、捕獲作業にすべてを賭けていました。
 昆虫に特別興味の無かった私は、「あぁー、プールに行きたいなぁ」等とボヤキながら、夏休みの貴重な何日かを林の中で過ごしました。その結果が標本という形になるのですが、昆虫好きの子の標本を見て毎年秋には落ち込んだものです。なぜか防腐処理だけは、楽しかったのを覚えています。
 今の子どもたちの話では、強い虫が欲しい虫だそうです。結構強い虫を売ってるよと、こっそりとあるスーパーマーケットの名前を教えてくれた子もいました。今でも死んだら標本にするのでしょうか?標本では強さは判別できませんが、虫の名前と一緒に生前の戦績なども書くのかもしれません。
 Lordの虫たちは、すべて天然木で手作りです。カブト虫・クワガタ虫・バッタ・ムカデが人気者です。どれも楽しい動きがあります。虫嫌いな方も安心して御覧ください。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Ekelundムーミンシリーズ到着 | HOME | 太陽>>

この記事のコメント

ミクシィのあっちゃんからの繋がりでブログ見させていただきました。

クワガタを見ると小学校の時となりの席の男子がクワガタを学校に持ってきて自慢をしていて、私のまだ使用していない、お気に入りの鉛筆にそのクワガタが食いついて来て、おおきな穴があいてしまい本気で腹が立った事を思い出しました。

いつの時代でも男の子はカブトムシやクワガタが大好きですよね。この木のクワガタは暖かく、優しい感じがしていいですね。秋頃みると楽しかった夏休みを思い出しそうですね。
2006-07-24 Mon 19:53 | URL | アコ #-[ 編集]
とんでもない男子ですね!
小学生にとって未使用のお気に入りの鉛筆といえば、そのまま一生削らずに無傷で取っておきたい位の宝物ですよね。
当時の気持ちお察し致します。
クワガタやカブトムシは本当に力強いので、食い付かれたら厄介です。観察する際はお気を付け下さい。

私は昆虫好きではありませんでしたが、今この木のクワガタ虫は気に入ってます。今度カブト虫やバッタ・ムカデも写真掲載しますね。

コメントありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
2006-07-25 Tue 00:43 | URL | Lord Karuizawa #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。